×

アイスクリームとアイスミルク、ラクトアイスの違いを解説

普段食べているアイスクリームにも、実は種類があるのを知っていましたか?乳成分の多いもの、少ないもので種別が違ったり植物性脂肪を使った商品もあるので調べてみました。

アイスクリームの種類と違い

アイスクリームは乳成分量によって3種類に分類されます!

  • アイスクリーム
  • アイスミルク
  • ラクトアイス

なんとなく聞いたことあるー!って方も多いのではないでしょうか。

見分け方

どのアイスクリームか見分けるには、商品の成分表をチェックすると早いです!それか、パッケージやロゴの下に書いてある場合が多いです!

この定義や成分規格は、食品衛生法に基づく「乳及び乳製品の成分規格に関する省令」「食品、添加物等の規格基準」2つの法律によって定められていますよー!

「アイスクリーム類」とは、乳またはこれらを原料として製造した食品を加工し、または主要原料としたものを凍結させたものであつて、乳固形分三・〇%以上を含むもの(発酵乳を除く。)をいう。
出典:e-gov 法令検索(乳及び乳製品の成分規格等に関する省令)

いや、全然わからないですね!成分を具体的に見ていきます。

アイスクリーム(乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分8.0%以上)

アイスクリームは乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれています!

最も風味がよく高級!栄養的にも優れています。脂肪分が多いので、牛乳のコクが強いです!濃厚な味わいで贅沢感があります。

  • ハーゲンダッツ、レディーボーデン、ピノなど。

カロリーは気になりますが、食べ応えは十分にあります。アイスが好きな方はアイスクリームを買う人が多いと言います。

アイスミルク(乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上)

アイスクリームに比べるとミルク感が少ないです。とはいえ乳成分は牛乳と同じくらい含まれています。※植物性脂肪が含まれている場合もあります。

ほんのりとしたミルクのコクとあっさりとした後味が特徴!

  • ジャイアントコーンなど

アイスクリームより手ごろで、ある程度の満足感もあります。

ラクトアイス(乳固形分3.0%以 乳脂肪分-)

乳固形分はアイスミルクよりさらに少なくなります。乳固形分3.0%以上入っていますが、コクのある濃厚なミルクといったものはほぼありません。

すっきりとした味わいのラクトアイスですが、風味や食感はさまざま!

  • スーパーカップ、爽、クーリッシュなど

価格的に手ごろな商品が多いのでいろいろ試しやすいですね!

氷菓(乳固形分3.0%未満)

上記3種類以外の物を氷菓といいます。アイスクリーム類とは別の扱いになり、果汁などを凍らせたアイスキャンディーやかき氷などもこちら。

  • ガリガリ君やあずきバー、サクレなど

後味がさっぱりとしてカロリーも控えめです!乳製品も含まれていないのでダイエット中にも手を伸ばしやすいと思います。

コストコのアイス

スポンサードリンク
いいね、フォローで更新情報をお届けします
instagram
フォロワー2.5万
Twitter
フォロワー5万
Facebook Google News
TOP