コストコグローバルカードのメリットとデメリットとは?還元率1.5%のリワードポイントが貯まる

新しいコストコのマスターカードを徹底検証していきます!

コストコ グローバルカードとは?

2018年2月よりコストコで使えるクレジットカードがAMEXからマスターカードに変更されることが決定というニュースが発表。同時にコストコの提携クレジットカードがリニューアルされることがお知らせされました。

昔の白いコストコマスターカードがリニューアルされたカードが、コストコグローバルカードです

新しいのコストコの提携クレジットカードは「コストコグローバルカード」という名前で、今回もマスターカードのブランドになっています。

その特徴は国内コストコで1.5%還元となる点!メリットとデメリットについて検証しています。

カード券面
名称 コストコグローバルカード
ブランド マスターカードのみ
年会費 年会費初年度無料 次年度以降は1,250円(税抜)
※年間1回以上のショッピング利用で翌年度の年会費は無料
※コストコグローバルカードを作っても、コストコの年会費4,400円(税抜)は別途毎年支払う必要があります。
ポイント制度 キャッシュバックリワード
ポイント有効期限 キャッシュバック後、1年間
特典 カードのご利用金額に応じてリワード(ポイント)を付与
※リワード(ポイント)は国内のコストコ限定で利用可能
・全国のコストコおよびガスステーションで利用:1.5%還元
・世界中のMastercard加盟店(国内のコストコ以外)で利用:1%還元
サービス 海外旅行傷害保険(最高2,000万円)、国内旅行傷害保険(最高1,000万円)
家族カード 年会費無料 ※1枚まで発行できます
明細の郵送費用

2020年10月から1ヵ月につき有料の110円に変更。1年間だと1,320円の損。

メリット

  • 国内のコストコ、ガスステーションでの利用限定ですが、1.5%還元は業界最高水準
  • 海外のコストコや他の店舗でも利用可能。その場合は1%還元
  • 年1回の利用で年会費無料利用がない場合は年会費1,250円
  • 年1回、翌年の2月にリワード(ポイント)が自動的にクレジットカードに国内のコストコ限定で使える電子マネーとしてキャッシュバックされる。
コストコヘビーユーザーやコストコで仕入れをする方には手放せないカードになりそうですね!コストコ専用カードにしてもいいかもしれません。

デメリット

  1. 2020年10月から明細の郵送費用が1ヵ月につき有料の110円に変更。1年間だと1,320円の損
  2. 年自動キャッシュバックのリワード(ポイント)は国内のコストコ以外では使えません。
    ※ポイントは翌年2月のタイミング以外の好きなタイミングではキャッシュバックできません。
  3. コストコがない地域に引っ越すとポイントが使えず0%還元になります
  4. コストコ会員をやめるとポイントが使えず0%還元になります
  5. キャッシュバックされたポイントの有効期限は1年間
  6. コストコでクレジットカード払いをするにはコストコ会員の名義と一致している必要があります。なので、コストコ会員でなくなってしまった場合はコストコでカード払いもできなくなってしまいます。(例えば、コストコ会員の友人の代わりに自分のカードで支払うことはできません)
  7. 年に1回利用しない場合、年会費が1,250円(税抜)必要
  8. コストコ年会費4,400円(税抜)の自動引き落としが勝手に設定される。
コストコ会員をやめるとポイントを使うことができないので、ポイント還元率0%になってしまうのが厳しいです。

一般的に高還元率と言われるカードはデメリットが多めです。うまい話には裏があるものです。

コストコでポイントが貯まるお得なカードを一括比較する

リワードとは

ちなみに「キャッシュバックリワード」って何?って思う方が多いと思いますが、ただのポイント制度の名前です!

リワード=ポイントと考えても大丈夫です。

名前からもわかるように「コストコのみで使える”キャッシュバックリワード(ポイント)”」という形で還元されるみたいですね。

貯まったリワード(ポイント)は年に1回自動キャッシュバック

毎年1月1日から12月31日の一年間で累積した利用額に対するリワード(ポイント)は、毎年一回(翌年2月)、コストコキャッシュバックリワードとして還元されます(1リワード=1円)。コストコキャッシュバックリワードは、お持ちの「コストコグローバルカード」本体に付与され、日本国内のコストコにおいて、お支払の際に現金と同じようにご利用いただけます。

1年間に貯まったポイントが毎年1回2月に、コストコで使える電子マネーのようなイメージでコストコグローバルカードに自動的にキャッシュバックされます。

キャッシュバックの時期前にグローバルカードを解約するとポイントはもらえず、そのまま消滅します。

年会費は実質無料

以前、当サイトでも紹介していたカードと同じで利用すると年会費がかからないタイプのクレジットカードになります。

このカードを作る方は相当ヘビーなコストコユーザーだと思うので実質年会費無料と言っても差し支えなさそう。

ちなみに1回も使わなかった場合は年会費1,250円(税抜)かかります。

実際に入会すると送られてくるもの

私は2017年に事前登録していたので、事前登録キャンペーンのコストコの割引券とトラベルクーポンが同封されていました。

カードとカードの使い方の説明書が同封されていました。

入会キャンペーンとしてもらえるクーポンの罠

コストコグローバルカードの入会時にクーポンがもらえる場合があります。

例えば、「オリコトラベルクーポン2,000円」と「コストコ商品クーポン」というようなものです。

  • コストコで使える2,000円のクーポンはコストコで使える商品券というわけではなく、指定商品の100円~240円の割引券をあわせて合計2,000円分です

口コミによると欲しい商品ではないのでクーポンを利用できなかったという声が届いています。

タイミングが悪いと、全く使えない場合があります。

コストコグローバルカードはお得?

この「コストコグローバルカード」は、世界中のコストコでも使えて1%還元のリワード(ポイント)が貯まります。

日本国内のコストコ限定ではありますが1.5%の還元率はかなりお得!

コストコ年会費4,400円の自動引き落としが勝手に設定されるので、あまりコストコに通わなかった方もずっとコストコ年会費が自動で引き落とされ続けてしまいます。

また、コストコ会員でなくなってしまった場合はポイントの利用ができなくなり0%還元になるので注意が必要です。

コストコで使えてポイントが貯められるほかのマスターカードと比較してみました

コストコで使えるおすすめのカードの比較表
毎週コストコへ通う方向け ポイント有効期限なし、明細郵送無料
コストコグローバルカード セゾンインターナショナル(マスターカード)
カード年会費
年会費1,250円(税抜)※年1回利用で無料 年会費無料
ETCカード年会費
無料 無料
コストコでのカード利用でポイントが貯まるかどうか
   
コストコのガソリンスタンドで使用できるか
   
ポイント有効期限
1年間
使わないと0%還元
無期限
確実に交換できる
ポイントの利用
国内のコストコのみ 電話、インターネットで全国どこでも、商品券・家電・食品と交換可能
特別なメリット
コストコで1.5%還元 西友・LIVIN・SUNNY特定優待日5%OFF
西友・LIVIN・SUNNY毎日いつでも3%OFF(2020年6月1日~2020年7月末まで)
デメリット
コストコ年会費の自動引き落としが勝手に設定される。コストコでしかポイントが使えないのでコストコ会員をやめると0%還元になる。 特になし
利用明細の確認方法
郵送(無料)、WEBで確認 郵送(無料)、WEBで確認
カード発行までにかかる時間
2週間~1ヵ月 最短即日~3日程度
公式サイト
コストコグローバルカード公式サイト セゾンカードインターナショナル公式サイト

おすすめできないクレジットカードもあるので注意

カード オススメできない理由
オリコカードザポイント―ポイントが失効しやすい

・2020年10月から紙の明細を郵送にすると毎月110円請求される。年間1,320円の損
・ポイントの有効期限が短く、12ヵ月
・珍しくカードの利用でポイント有効期限が延長されないタイプのカード。
ポイントが失効しやすいので、ポイント期限切れ&交換忘れで0%還元になってしまったという口コミが多い

VIASOカード―年間20万円未満の場合0%還元
紙の明細を郵送にすると毎月99円請求される。年間1,188円の損
・ポイントは1年ごとに自動集計されて還元率0.5%相当として自動キャッシュバック。ポイントの自動交換に制限があり、年間利用金額が20万円未満の場合は、一切キャッシュバックされず、ポイントがすべて失効して0%還元になってしまうシステムになっている
ETCカードの発行料金が1,100円かかる
イオンカード―明細郵送すると年間1,320円の損
紙の明細を郵送にすると毎月110円請求される。年間1,320円の損
・1,320円はコストコでイオンカードを264,000円分使った時に貯まるポイント相当。年間26万円以下の利用なら明細の郵送費用でマイナス、現金払いの方が得
・ポイントの有効期限は最短13ヵ月、気づかないうちにポイントが失効して0%還元になる。
・貯まるポイントは決済ごとに計算、都度切り捨てされてしまうデメリットがある。(例)200円決済=0.5%還元、399円決済=0.25%還元599円決済=0.3%還元
三井住友カード―年間53万円以下の利用だと損

紙の明細を郵送にすると毎月99円請求される。年間1,188円の損
年会費が有料、1,485円
・年会費と明細郵送費を合計した2,673円はコストコで三井住友カードを534,600円分使った時に貯まるポイント相当。年間53万円以下の利用なら年会費と明細の郵送費用でマイナス、現金払いの方が得
・ポイントの有効期限は24ヵ月、ポイントが失効すると0%還元になる。
・ETCカードは年間1度も利用しないと550円請求される。
モバイルSuica、年金のカード払いでポイントが貯まらない。

ライフカード―ポイントが失効しやすい
・カードの有効期限は5年と書かれているが、ポイント有効期限の延長申請を毎年する必要がある。延長申請を忘れるとポイントは消滅して0%還元
・初年度のポイント1.5倍は0.75%還元年間50万利用しないとポイントの還元率は0.5%に下がる
・入会キャンペーンの受け取り条件が厳しい。リボ払いに設定しないと満額受け取ることができない。
楽天カード―明細郵送費用、電話代と見えない費用が多い
紙の明細を郵送にすると毎月84円請求される。年間1,008円の損
ETCカードの年会費が550円
・2018年3月2日より楽天市場での利用で還元率が4%→3%にダウン
・通販のセールのメールがたくさんが来るようになり重要なメールが埋もれてしまう。
・キャンペーンで付与されるポイントは2週間程度で失効する期間限定ポイント。2週間程度で失効してしまうポイントを使うため不要な買物をしてしまうことも。
・トラブル時など問い合わせの電話をすると20秒毎に10円かかる。保留時間も含めて20分電話すると600円もかかります。
・有名なカードなので楽天カードを語ってIDとパスワードを盗もうとする迷惑メールが多い。楽天カードを持っていなければ嘘とわかるけれども、持っていると毎回不安になってしまい問い合わせをするなどして手間がかかる。
リクルートカード―リクルート関連のサービス限定でしかポイントが使えない
紙の明細を郵送にすると毎月99円請求される。年間1,188円の損
ポイントが使える場所がリクルート系のサービスしかない(じゃらん、ポンパレモールなど)。
・Pontaポイントにも交換にすることもできるが、WEB上で都度手続きする必要があり難しい。機械やインターネットが苦手な方にはおすすめできません。※Pontaポイントの有効期限は1年間
ETCカードの発行料金が1,100円かかる
特に明細の郵送が有料のカードは注意してくださいね!

コストコグローバルカードはコストコでしかお得になりませんが…

カード1枚でコストコも他のお店もまとめてお得になるカードについての詳しい紹介はこちら↓

Pocket