ライフカードの申込方法と自動リボ払いにしない方法

ライフカードの申込み時の注意点を解説します。

ライフカードとは

ライフカードは、年会費無料で誰でも気軽に持てるのが特徴のカードです。

利用額に応じてポイント還元率が増えるシステムで、年間利用金額によって翌年度の還元率が変わるようになっています。

  年間利用額 ポイント付与率
レギュラーステージ 0.5%
スペシャルステージ 50万円以上 0.75%
ロイヤルステージ 100万円以上 0.9%
プレミアムステージ 200万円以上 1.0%
年会費無料なので持ちやすいカードです。

主婦や大学生の方も申し込みができます。

申込資格
  • 18歳以上
  • 日本国内に住んでいる
  • 電話連絡ができる

申込方法と自動リボに設定しない方法

ライフカードの申込は24時間365日いつでも行えます。

5~10分程度で申込が完了するので、手元に身分証明書や銀行口座がわかるものを用意しておくとスムーズです。

STEP1 公式サイトの申込サイトを開く

ライフカードには年会費が有料のものもあるので、申込のページを間違えないようにしてください

年会費が無料のライフカードの公式サイトはこちら↓

STEP2 「お申し込みはこちら」ボタンを押す

STEP3 個人情報の規約をチェックしたら「同意して次へ」をクリック

STEP4 国際ブランドの選択

ご希望のカードではマスターカードを選択してくだい。

STEP5 個人情報の入力

名前や電話番号、勤務先などの基本情報の入力ページが続きます。

できるだけ空欄がないように入力することでカードの審査が通りやすくなります。

キャッシングの設定

特に利用する予定がない場合は「その他」と「0円」を選択してください。

ショッピングの設定

自動リボ払いにしたくない方は要注意!

自動リボ払いにしたくない方は、AUTOリボサービスの項目で「申し込まない」を選んでください。

「申し込む」を選択すると、全て自動的にリボ払いとなってしまいます。

AUTOリボサービスとは?(タップで開閉)

  • 会計時に一括払いを選択しても、すべてリボ払いになるサービスです
店頭でリボ払いと指定するのはちょっと…という方にはうれしい機能ですね。

追加サービス

ライフカードのWEB明細確認サービス「LIFE-Web Desk」のパスワード設定を行います。必須項目です。登録したパスワードを忘れてしまっても、公式サイトで簡単にリセットすることもできます。

ETCカードや家族カードも同時に発行したい方はこの段階で「申し込む」を選択してください。

これで入力は完了です。

STEP6 本人確認の方法の選択

本人確認の方法は2種類あります。

方法1:オンラインで支払い口座を設定

時間がかからないのでおすすめな方法です。最短3営業日でカード発行ができます。

申込完了画面の「インターネットから手続き」を選択し、各金融機関のサイトで口座振替の設定をします。

ただし、この方法はカード申込者と口座名義人が同じであることが条件になります。

夫の口座に紐づけるためには、夫名義のカードでなくてはなりません。

方法2:カードお届け時に顔写真付き証明書で本人確認

カード到着時に顔写真付き証明書を確認してもらう方法。

顔写真付きの証明書がない場合は、カードの受け取りができないので注意してください。

STEP7 申し込み完了

カードの発行審査とカードが届くのを待つだけです!

AUTOリボ払いの解除方法

もしも申込み時に誤ってAUTOリボ払いを設定してしまっても、下記の方法で解除できます。

STEP1 ライフカードの会員サイトにログインして、「AUTOリボのお申し込み」ボタンをクリック

STEP2 設定を変えたいカードを選択して、AUTOリボを解除をクリック

これだけで、AUTOリボ設定の解除が完了です。

解除後もリボ払いが停止しない場合

AUTOリボ解除の申込後も利用分の支払残高はそのまま残ります。

自動的に支払残高が1回払いになることはありませんので、注意が必要です。

リボ払いをすぐにやめたい場合は、一括返済など繰り上げ返済が必要です。

年会費
無料
初心者に
オススメ
即日発行
スピード
発行
ポイント
無期限
ポイント
高還元
ステータス
マイルが
貯まる
国際ブランド
入会&利用でポイントがもらえる
10,000円相当プレゼント
年会費 ETC年会費 発行スピード
初年度 2年目~
無料 無料 無料 最短3営業日
ポイント還元率 ポイント有効期限 ポイント名 限度額
0.5% 5年間 LIFE サンクスポイント ~100万円
海外旅行保険 ショッピング保険
死亡・後遺障害 疾病治療 家族特約

関連記事一覧

Pocket