セゾンのふるさと納税の使い方を解説!納税のやり方と必要な手続き

セゾンのふるさと納税の使い方を、実際の画面を載せながら解説していきます!

税金控除を受けるためには簡単な手続きが必要なので、ぜひ参考にしてくださいね。

セゾンのふるさと納税とは?

2020年10月5日に始まったふるさと納税ができるサイトの1つ。クレジットカードを発行しているクレディセゾンが運営するサイトです。

セゾンカードの利用で永久不滅ポイントが通常の3倍貯まるなどのメリットがあり、セゾンカード利用者に特におすすめと言えます!

セゾンカードでは通常、1,000円(税込)利用毎に1永久不滅ポイントが貯まります(1ポイント=5円)。

ですが、セゾンのふるさと納税をセゾンカードで利用すると‥‥

  • 通常の3倍の永久不滅ポイントが貯まる!
  • 1,000円(税込)利用毎に3永久不滅ポイントゲット!

1永久不滅ポイント=5円相当の価値があるので、1,000円ごとに15円お得になっている、ということになります。

セゾンのふるさと納税の使い方解説

大まかな使い方の流れはこのようになっています。

ふるさと納税の大まかな流れ
  • 寄付金控除上限額を調べる

  • 返礼品を選んで寄付する

  • 返礼品と一緒に証明書を受け取る

  • 税金の控除手続きをする

ちょっと難しそうに見えますが、1度やってしまえば簡単です!

ここからは実際の画面を見ながら解説を進めていきます。

【1】セゾンのふるさと納税のサイトにアクセス

セゾンのふるさと納税のサイトにアクセスして、セゾンNetアンサーのIDとパスワードでログインします。

初回ログイン時のみ、利用規約が表示されるので内容を確認して同意ボタンを押して会員登録に進みます。

セゾンNetアンサーに登録してある会員情報が入力されているので、内容を確認して登録を進めます。

【2】寄付金控除上限額を調べる

ふるさと納税でお得になる金額(寄付金控除上限額)は、年収や家族構成によって変わってきます。

セゾンのふるさと納税では数字を入れるだけで自動で計算してくれるシュミレータがあるので、利用していきましょう!

  • シュミレーターにはかんたん版詳細版がある
  • かんたん版では給与と家族構成だけで寄付金控除上限額をざっくり計算してくれる
  • 正確な詳細版シュミレーターの利用がおすすめ

ご自身の控除上限額をきちんと把握しておけば、自己負担2,000円のみで効率的にふるさと納税を行えます。

これを知らずに適当に寄付すると、損をしてしまいます!

【3】返礼品を選んで寄付を申し込む

サイト内から寄付金控除上限額分の返礼品を選んで寄付を申し込みます。

寄付金の使い道の希望も選べるので、「こんなことに使って欲しい!」という項目をプルダウンから選びます。

お届け先情報や支払い方法を確認していきます。両親や兄弟の家に送りたい場合は、この段階でお届け先の住所を入力してください。

支払い方法は、セゾンNetアンサーIDに紐付いているクレジットカードがデフォルトで選択されています。

セゾンインターナショナルであれば、コストコでも使えるのでおすすめです!

入力内容の確認ページが表示されたら、間違いがないか確認して最後に「寄付を確定する」を押せば寄付の申し込みは完了です!

【4】返礼品と証明書を受け取る

寄付した自治体からの返礼品が自宅に配送されてくると、寄付証明書などの書類が一緒に届きます。

ちなみに岩見沢市だとこんな書類が送られてきてきます。

これは自治体によって違うと思うのであくまで参考に!

【5】確定申告時に証明書を提出(必要な人だけ)

後は、確定申告の際にこの証明書を提出すればふるさと納税は完了です!

  • 税金が控除され、来年の住民税が安くなった上に返礼品を堪能できます。

サラリーマンの方でワンストップ特例を申請した方は確定申告はしなくてもOKです。

ワンストップ特例を利用する場合

ワンストップ特例制度を利用したい場合は。申し込み時にどのように手続きするかしっかりと確認しておきましょう。

※自治体によってはワンストップ特例が利用できない場合もあります

関連記事一覧

Pocket