プルコギアレンジ 味がしみこんだカリカリジューシーな春巻き

焼くだけだったプルコギビーフを色んな料理に変身させちゃいましょう挑戦。

今回はプルコギビーフを使って春巻きを作ってみたら、カリカリジューシー!何度も食べたくなる美味しさでした!

プルコギビーフのカリカリジューシー春巻き

材料

  • プルコギビーフ…300g〜400g
  • 具〈今回はたけのこ50g、人参1/3、乾燥きくらげ1枚、玉ねぎ1/4、キャベツ2枚〉…好きなもの、お家にあるものを使用
  • 酒…大さじ1
  • 鶏がらだし…小さじ1
  • 春巻きの皮…大さじ1
  • 片栗粉…大さじ1
  • 小麦粉…小さじ1

作り方

下準備

プルコギビーフに大さじ1の片栗粉を全体にまぶし、混ぜておきます。

片栗粉をお肉にまぶすことで肉汁を閉じ込め、水分が出にくくなります。揚げる時に油がはねにくいのでぜひやってみてください!

【1】野菜を炒める

細切りに切っておいた野菜を固い野菜の順に炒めます。

全体に火が通ったら火を止め、酒大さじ1と鶏がらスープの素小さじ1を入れ、再度火を通す。

1〜2分炒めてお酒を飛ばしたら火を止め、具を一度フライパンから出しておきます。

【2】肉を炒める

フライパンに油をひき再度火をかけたら、下準備しておいたプルコギビーフを炒めます。

ある程度火が通ったら火を止め、はさみで大きめのプルコギを切っていきます。小さめに切れたらOKです。

※大きすぎると春巻きを巻く時に巻きにくいのでちゃんとカットしておきましょう。

【3】肉と野菜を混ぜて少し炒める

カットし終わったら、取り出しておいた野菜の具をフライパンに戻し再度加熱します。

プルコギの調味料としっかり混ざるように混ぜましょう。

プルコギにまぶしておいた片栗粉と野菜の水分が混ざり、すこしとろみが出てきたら火からおろします。

【4】春巻きの皮で包む準備

粗熱をとっている間、春巻きの皮を1枚1枚はがしておきます。

小麦粉を溶かした水を使うので用意しておきましょう~

バットの中の具材の粗熱が取れたら春巻きの皮を一枚取り、斜めに置きます。

春巻きの皮1/2のよりも少し下の位置に10等分しておいた具材の1/10を置き、具材を巻いていきます。

巻き終わる時に、皮に小麦粉を混ぜた水をつけ、しっかり巻き終わりを閉じます。

※ここが緩いと揚げている最中に中の具材が出てしまうので気を付けましょう!

【5】春巻きを揚げる

フライパンに油を入れ、温度を180度に設定します。ゆっくり油へ入れてきつね色になるまで揚げましょう。

片面がこんがりしてきたら裏返しましょう。

両面こんがりきつね色に揚がれば完成です!

※もともと具材には火を通してあるので、中がちゃんと揚がっているかを気にしなくても大丈夫!

外はカリッカリで、中にはゴロゴロとお肉が入ってとってもジューシーな仕上がり!

プルコギビーフでつくる春巻きはお肉にも野菜にもしっかり味が染み込んでいるので何も付けなくてもそのままで充分美味しく食べられます。

お家でこの味が楽しめるなら、少し面倒でも頑張ってつくろうって気持ちにさせてくれる調理法ですよ!

プルコギビーフの他のアレンジレシピまとめ

Pocket

いいね、フォローで更新情報をお届けします