×

コストコで買えるカルビーのじゃがいも全まとめページ

コストコでじゃがいもを買うときに絶対に外せないのがこちらの”カルビー”のじゃがいもシリーズです。

実は…季節ごとに違う品種が販売されるのを知っていましたか!?自分でも忘れそうなので備忘録的にすべてのカルビーポテトをこのページに残しておきますネ!

コストコ カルビーポテト じゃがいも

フッフッフ、実はこの商品。ただのじゃがいもではありません!!

ポテトチップスでお馴染みのカルビーが、”ポテチを含むスナック菓子を作るのに原料として使っているじゃがいも”なんです。

じゃがいもを販売しているのはカルビーではなく、グループ会社である”カルビーポテト社”で、栽培・出荷・研究開発・製造など手掛けています。

シャガイモのプロ集団だ!!

ポテチの原材料に使われるじゃがいもだけあって、普通に買うじゃがいもとは全然違う!なのにコスパは良いので、驚きが隠せません。

しかもこのカルビーのじゃがいも、コストコでは時期ごとに違う品種が並ぶんです…(‘∀’)!

季節によって収穫できるものが違うので、前回買ったものと同じものがあるとは限らないんですね。

これまで紹介したじゃがいもをまとめて行きますネ!

カルビーじゃがいも「さやか」

価格 498円(税込)
約12~13個
販売時期 9月下旬~4月頃

「さやか」は、普通のスーパーでは見かけないちょっと珍しい品種。虫に強い品種を作るために改良を重ねられたジャガイモです!

特徴

  • 凹凸が少なく、芽が浅いのでとても皮が剥きやすい
  • 皮に厚みがあり、固め
  • えぐみ等、クセがないので食べやすい
  • でんぷん質が少ないのでさらっとした食感
  • 甘みは少なめで淡白な味わい

私が購入したものには12個入っていました。一般的なじゃがいもと同じくらいの大きさですが、細長い形をしています。

カットしてみると中身は白っぽく、ポテトチップスの表面の色を感じさせる色合い。

このじゃがいもをスライスして特殊な方法で揚げたものがカルビーのポテトチップスとなります。

電子レンジで加熱・蒸して食べてみたらしっかりとした固さがありました!簡単には崩れしにくいのもポイントです。

おすすめのアレンジ

定番はポテトサラダです。

淡白というか味の主張が強くないのでどんな具材とも相性◎。

また、荷崩れしにくいという理由から煮込み料理に使われることも多いです!

似ても普通のじゃがいものようにホロホロとは崩れず、形がしっかり残ります。

  • ポテトサラダ
  • マッシュポテト
  • カレー
  • シチュー
  • ポトフ

イメージ的には男爵とメークインのちょうど中間くらいかな?

カルビーじゃがいも「ぽろしり」

「ぽろしり」はカルビーが北海道で開発したオリジナルじゃがいもで、男爵いもやメークインと比べて糖分の低さが特徴です。

名前の由来はアイヌ語で「大きい山」という意味を持つポロシリ。十勝幌尻岳にちなんでつけられた、病気に強く味の良い人気の品種です!

ヒンナヒンナ

糖分が高い一般的なじゃがいもは、油で揚げる際に焦げ付いて味が落ちてしまうので、ぽろりしはポテトチップスに最適なじゃがいもと言えるでしょう。

価格 497円(税込)
約13~14個
販売時期 8月頃~

特徴

  • 芽がなくてなめらか
  • 皮が薄く食べられる部分が多い(皮ごとももちろん◎)
  • じゃがいも本来の風味が浅めでシンプルな味
  • 軽くて揚げ料理に最適

私が購入したものには13個程度入っていましたが、大きさは長くて10cmほど1個当たりの重さが結構まばらでした。

断面が完全にポテトチップス(笑)

カルビーが開発しただなんで、それだけでもこだわりを感じますよね。ちなみにぽろしりの開発過程はカルビーさんのブログで見ることができます。→じゃがいもDiary

おすすめのアレンジ

油調理に向いています。ポテトチップスが至高!家で頑張って作って味わって欲しいと思います。ポテチのために生まれたじゃがいもだもん(*’-’*)

  • ポテトチップス
  • ポテトサラダ
  • ポテトグラタン

割と柔らか系というか荷崩れするので、煮込み料理より焼きや揚げがおすすめ。チーズをのせてオーブンで焼くといったシンプルな奴でも美味しいです!

カルビーじゃがいも「ホッカイコガネ」

「ホッカイコガネ」は、その名の通り北海道産でほぞ長い楕円形の大粒なじゃがいもです。

フライ用に品種改良されたポテトで、食感はメークインに似ています。「さやか」と同じく凹凸が少ないのが特徴!

価格 645円(税込)
約13~14個
販売時期 6月~10月頃

特徴

  • 凹凸が少なく、芽が浅いのでとても皮が剥きやすい
  • 栗やナッツのような独特にホクホク風味
  • 荷崩れしにく、固め
  • 油との相性が最高に◎

大きさは一般的なじゃがいもに比べると、やや大き目な印象。

カットしてみると黄金色のようなサツマイモっぽい色です。水分量が少なく、粘り気がある!

さやかはシャキシャキ食感ですが、ホッカイコガネはホクホク系。

熱を加えると型崩れしますが、男爵ほどホロホロはしません。一応煮物にも向いてますが、そこはお好みですかね~?

おすすめのアレンジ

油調理に向いています。やっぱりフライドポテトがおすすめですね!素材を味わうじゃがバターもシンプルで良さそう。

  • フレンチフライ
  • じゃがバター
  • ふかし芋
  • ハッセルバッグポテト
  • コロッケ

コロッケのような素材を味わうフライお惣菜も美味。

雑に調理しても美味しいタイプのじゃがいもです!

カルビーじゃがいも「キタムラサキ・アンデスレッド・トヨシロ」

カルビーからはいろいろな種類のじゃがいもが販売されるますが、珍しく3つの品種がセットになったパックです。

北海道産のキタムラサキ・アンデスレッド・トヨシロという品種のじゃがいもが入ってます。

価格 598円(税込)
約13~14個
販売時期 不明

特徴

  • こぶりサイズ
  • キタムラサキ→黒っぽい・カットすると紫色、荷崩れが少なく程よい食感
  • アンデスレッド→皮は赤色。カットする全体的と全体的に黄色、しっとり系でサツマイモのような甘さ
  • トヨシロ→カットすると白っぽい、ホクホク系で食味は弱め、アレンジしやすい

私が購入した袋には全部で46個入っていて、種類別では、キタムラサキ×5・アンデスレッド×8・トヨシロ×33入ってました。トヨシロが圧倒的に多かったですね。

サラダにしたり、フライにしたり、どんな料理にも使えそうですが、小ぶりなのでそのままの状態で調理できるのが良いですね!

おすすめのアレンジ

油調理に向いています。やっぱりフライドポテトがおすすめですね!素材を味わうじゃがバターもシンプルで良さそう。

  • キタムラサキ→スープ・煮物や煮込み料理
  • アンデスレッド→茹でやふかしで甘さを生かした調理
  • トヨシロ→どんな料理もOKなバランスタイプ

3種類あって色もついててたくさん入っているので、個性が強いように見えますがどのじゃがいももバランスが良く比較的どんな料理にも合います。

シンプルにバターやマヨネーズと味わうのもおすすめですね~

まとめ

ポテトチップスとして食べるだけでは、ポテトの品種や差についてこんなにも違いがあることに気づけませんでした。

こうやって原料を買うことでポテトの知られざる特徴や適した調理などがあることを新たに発見できますね~!

他の品種も食べてみてたいですね。

スポンサードリンク
いいね、フォローで更新情報をお届けします
instagram
フォロワー2万
Twitter
フォロワー4.6万
Facebook Google News