コストコでカルビーのじゃがいも購入。食感やかたさが全然違うので揚げ物や炒め物にぴったり

カルビーポテトのじゃがいも
462円(税抜)/499円(税込)

コストコでカルビーポテトチップスの原型となるじゃがいもが売ってました。珍しい!

スーパーで売ってるじゃがいもとは一味違う食感で驚き。

カルビーポテト じゃがいも

実はこれ、ただのじゃがいもではありません。

ポテトチップスでお馴染みのカルビーが、ポテトチップスなどのスナックを作るのに原料として使っているじゃがいもなんです。

じゃがいもの品種は「さやか」と言って、スーパーなどでは見かけないちょっと珍しい品種です。

形は男爵よりも少し細長い形で、大きさはスーパーで売ってるものとほぼ同じ。

皮に厚みがあり、表面の凹凸がほとんどないのが特徴です。

普通のじゃがいもと比較

家に残っていた男爵イモとカルピーポテトのじゃがいもを比較してみました。

男爵イモもかなり大きめなので、サイズの差はあまり感じませんが、表面を見比べてみるとカルビーじゃがいもはどれも形や大きさがほぼ一定で凹凸が少なく調理しやすい感じ。

見た目も黒っぽい印象で皮も厚みがあり、どっしりとしてます。

カルビーポテトのじゃがいもをカット&試食

カットしてみると中身は白っぽく、ポテトチップスの表面の色を感じさせる色合い。

このじゃがいもをスライスして特殊な方法で揚げたものがカルビーのポテトチップスとなります。

電子レンジで加熱・蒸して食べてみたらしっかりとした固さがありました。

竹串を刺して確認したのにもかかわらず、簡単には崩れない!

マッシュポテトにしようと、潰してみましたが、普通のじゃがいものようにホロホロとは崩れず、形がしっかり残ります。

イメージ的には男爵とメークインのちょうど中間。

ちなみに同じ見た目のパッケージの品種が違うじゃがいもが発売されてました。

炒め物・煮物・揚げ物に向いてるじゃがいも

固さと歯ごたえが特徴の芋なので、炒め物が向いてます。

あとそのままのじゃがいもが楽しめるじゃがバターがおすすめ。

細切りにし、牛肉と炒めて甘辛く味付けしたらお箸の止まらないシャキシャキとした歯ごたえのあるじゃがいも炒めができました。

噛み応えがあるからお酒のおつまみにピッタリ!

価格・値段

462円(税抜)

サイズ・量

1袋に20個くらい

保存方法・冷凍方法

湿度が低い冷暗所

原材料

じゃがいも

いいね、フォローで更新情報をお届けします