×

セタフィルクリームと乳液は何が違う?コストコ定番品の違いを徹底比較

コストコで昔から定番人気の「セタフィル」シリーズ。クリームだのローションだのいろいろありますが、一体何が違うんでしょうか。調べてみました!

コストコに売ってるセタフィルの違い

コストコで定番販売されているセタフィルには、クリームタイプとローションタイプがあります。

(青いパッケージのジェントルマンクレンジングジェルもありますが、今回は割愛)

2022年3月にパッケージの変更もあったので、併せて解説していきます💡

原材料の違い

まずは成分を比較してみます!

 
  クリームタイプ ローションタイプ
容器 クリームジャー ポンプ式
価格 1,298円(税込)/566g 2,280円(税込)/591ml×2本
保湿力 高め クリームタイプよりやや高め
使用感 さっぱり ややベタつく
成分 水、グリセリン、ワセリンジカプリリルエーテルステアリン酸グリセリル、ジメチコン、セタノールヒマワリ種子油ステアリン酸PEG-30、酢酸トコフェロール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))、クロスポリマー、ジメチコノール、ベンジルアルコール、フェノキシエタノールアーモンド油PGEDTA-2Naカルボマー水酸化NaトコフェロールBHT. 水、グリセリン、水添ポリイソブテンセテアリルアルコールアボカド油セテアレス-20、ジメチコン、酢酸トコフェロール、レブリン酸Naカプリリルグリコール、ベンジルアルコール、パンテノールアニス酸Naステアロキシトリメチルシランクエン酸ステアリルアルコール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー

黄色い部分が相違点です。こう見るとパッケージが似てる以外、全くの別物と言っても過言ではないですね👀

ちなみに、クリームタイプには名前の由来にもなっている「セタノール」が入っていますが、ローションの方には入っていません。

テクスチャの比較

実際に出して比べてみると、クリームタイプはちょっと固め、ローションタイプは…クリームっぽい見た目です。もっとサラッとした”液体”を想像してました(笑)

クリームタイプ ローションタイプ

身近な物で一番近いのは、

  • クリームタイプ→ワセリンのスキンジェリー
  • ローションタイプ→ニベアのボディミルク

ですかね~🤔

着け心地の比較

伸びが良くてカジュアルなローションタイプです。クリームタイプはこってりと重い印象ですが、しっかりと保湿力があります。

クリームタイプ ローションタイプ

べた付きはどちらもあまりないですが、クリームタイプの方がよりサラッとしています。

どっちのセタフィルがおすすめ?

  • クリームタイプ→乾燥が気になる方
  • ローションタイプ→よりコスパを重視する方

どちらのタイプを選んでも”肌の水分が蒸発しないように蓋をする働き”があるので保湿は期待できそうですが、基本的にはクリームの方が保湿成分としての油が多く配合されていますね(・o・)

なので、乾燥が気になる冬場のケアにはクリームがおすすめかも。

また、クリームタイプは保湿成分としてヒマワリ種子油やアーモンド油などが使われています。

逆にローションタイプはサラッとしたアボカド油などが使われています。

お好みのテクスチャで選んでも良いですね^ー^

パッケージは2022年3月にリニューアルされました!

現在、販売されているほとんどが新パッケージにリニューアルされてマス!

一部の通販では以前のボトルデザインで届く場合もあるようですが、原材料は同じなので安心してくださいね(‘ω’)

クリームの徹底レビュー

ローションの徹底レビュー

購入はこちら

コストコオンライン

クリーム:https://www.costco.co.jp/p/42222

ローション:https://www.costco.co.jp/p/41111

Amazon

スポンサードリンク
いいね、フォローで更新情報をお届けします
instagram
フォロワー2.5万
Twitter
フォロワー5万
Facebook Google News
TOP