×

コストコのハニーバターは料理にも使える♪おすすめのアレンジレシピを紹介

コストコ ダウニーズ オリジナル ハニーバター
823円(税抜)889円(税込8%)/2021年6月23日時点

Downey’s(ダウニーズ)のハニーバターは、名前の通りはちみつが入ったバターでコストコでも人気商品の1つですね。

パンのお供にはもちろん、料理の隠し味にも使える最強のはちみつです!

コストコ ダウニーズ オリジナル ハニーバター

ダウニーズのハニーバターは、自然豊かな酪農場として知られるペンシルベニア州マンハイムにある工場で作られています。

甘味料がたくさん入っているかと思いきや、原材料はなんとはちみつとバターのみ!

添加物不使用なので1歳以上の子どもにも安心して出すことができます。

65年以上続く、昔ながらの製法で手作りされているシンプルな商品(*’▽’)

日本だとハニーバターになじみのある方は少ないかもしれませんが、海外では市販のスナック菓子のフレーバーとしてよく使われます。

コストコでもハニーバター味のスナック菓子がいくつか販売されていますね!

2個セットなのでシェアにも便利ですね。

正直何にでも使えるくらい万能なので、まずは試してほしい…!

保存は冷蔵、使う前に常温に戻します

スプレッドタイプなので冷蔵庫から出してすぐはすこし固め。

この状態だとパンにも塗りにくいですし、扱いづらいので数分常温で放置します。

しばらくすると、このように溶けたキャラメルみたいになってきます。

固さは市販のマーガリンくらい☺バターナイフで簡単にすくえますよ。

ベトベト感もないので、この状態のハニーバターはかなり使いやすいです☺

さっそく食べてみましょう!

シンプルで飽きのこない美味しさ

ダウニーのハニーバターは90%以上がはちみつなので、バターの風味は弱めです。

はちみつベースにバターのコクと風味がプラスされた味で、シンプルに美味しい!

特にパンとの相性が抜群ですね。

シンプルな美味しさにはシンプルな素材をあわせるのが結局一番ウマい!

とろけるハニーバターがたまりません!トーストにたっぷり塗っていただくのは最高ですよ(*’ω’*)

フルーツと一緒に食べるのもおすすめ。

もうちょっと甘さが欲しいな、という時に重宝します。アイスクリームやヨーグルトにもあいそう~✨

大人の味にしたい方はこのハニーバターにシナモンをプラスしてみてください😉

おすすめアレンジレシピ

普通のはちみつとして使う事ができるので、パンだけでは無くお料理などにも使えます。

1:ハニーバターの大学いも

  1. カットしたさつまいもを水に10分ほどさらす
  2. さつまいもをレンジで3分ほど加熱する
  3. 油をひいたフライバンでさつまいもを焼く(弱火~中火)
  4. 焼き色がついたらフライバンの余分な油をふきとる
  5. ハニーバターをかけてさつまいもにからめる
  6. 好みで塩、ごまをふりかける

ハニーバターを使うと、味わい深い大学いもが完成します!

塩気とよくあうので、甘じょっぱい系のレシピなら何に使ってもよさそう。

サンドイッチとか、照り焼きとかに使っても美味しいです!(*’▽’)

2:ハニーバター焼きりんご

  1. りんごの周りにつまようじなどで穴をあける
  2. りんごの芯を深めにくりぬく
  3. くりぬいた穴にハニーバターをつめる
  4. 軽くラップをしてレンジで加熱する(600Wで7分程度)

パッケージ側面にもレシピが書かれている簡単焼きりんご。

りんごの酸味とハニーバターの甘味がびっくりするくらいマッチします🤤

注意したいこと

ハニーバターという名前から、はちみつ風味のバターを想像してしまいますが、実際食べてみるとはちみつの味がかなり強いです。

バターとして買うと印象と違って食べきれない場合もあるので注意してくださいね。

価格・値段

823円(税抜)/889円(税込8%)

サイズ・量

227g×2個

賞味期限

購入時から1年ほど。

(2021年6月購入→2022年6月賞味期限)

カロリー

100gあたり429kcal

原材料

はちみつ、バター

スポンサードリンク
いいね、フォローで更新情報をお届けします
instagram
フォロワー2.1万
Twitter
フォロワー4.7万
Facebook Google News
TOP