×

買うならコストコ!炭酸水が作れるドリンクメイト スターターセット徹底レビュー

コストコ ドリンクメイト スターターセット
7,625円(税抜)/8,387円(税込10%)

コストコで話題の炭酸水メーカー!毎日使い倒してます(・v・)

メリットやデメリットを踏まえ、購入を検討している方の参考になるように使い方やレビューを書きました。

コストコ ドリンクメイト スターターセット

自宅で簡単に炭酸水を作れちゃう夢のような商品です!炭酸水はもちろん、ジュースやお酒など水以外の物も簡単にシュワシュワにできちゃう優れもの。

  • ハイボールが大好き!
  • 毎回炭酸水を購入するのが面倒…
  • 好きな飲み物をシュワシュワにしたい!
  • ペットボトルのゴミが山積み

こんな人たちには超おすすめです!

特に我が家は毎日ハイボールを飲むので、もうドリンクメイトがないと生きていけません(笑)

スターターセットの中身

スターターセットということで、通常なら本体とは別に購入しなければならないガスシリンダーも全て一式で入った初心者用セットになってます。

  1. ドリンクメイト本体
  2. 専用ボトル2本(Sサイズ、Mサイズ各1本)
  3. 専用ボトルキャップフューザー
  4. ガスシリンダー

購入時はダンボールを開封すると、こんな感じで本体そのままとダンボールに包まれた付属品が入ってます!

ドリンクメイトは電源不要なので電池や充電の必要がなく使うことができます!

付属品を解説します。

専用ボトル

SサイズとLサイズが1本ずつ入っています。水洗い可能で蓋付き!

  • Sサイズ:450ml(水専用、水以外の場合は基本Lサイズで作ります)
  • Lサイズ:水なら850ml(水以外の飲み物に炭酸を注入する場合は350mlの規定量で作る)

こちらの専用ボトルは2年の使用期限があります。書き込みできるシールも付属しているので貼り付けて管理できます!

※専用ボトルの追加はメーカーのホームページから購入できます。

専用ボトルキャップ インフューザー

炭酸注入の際にボトルにとりつける専用キャップです。真ん中の白い棒で炭酸を注入できる、特許登録済みの大変便利なボトルキャップ!

炭酸を注入するとき以外は、通常のボトルキャップで保存できます。

ガスシリンダー

ドリンクメイトに使う専用のガスシリンダーです。

ガスシリンダーは後ろの開いている部分に装着すればOK!

詳しい付け方は別記事で解説しています。

ガスシリンダーはコストコへ返却が必要な珍しい商品です。注意点も多くあるので、買う際は上記の記事に目を通しておくと◎です。

炭酸水の作り方

作り方は簡単ですが、コツを掴むまでちょっと難しいと思いました。

【1】ボトルに水を入れて本体にセット

専用ボトルに水をいれてボトルキャップ(インフューザー)をしっかり装着。

その後、ドリンクメイト本体に対してボトルを45度の角度にスライドしてはめ込むようにして取り付けます。特に力はいりません。

【2】上部のボタンを数回押してガスを注入する

本体上部に着いたボタンを、ガス抜けで音が聞こえなくなるまで繰り返し軽く押します。※強く押さないように注意

ボタンを強く押しすぎたり長押ししてしまうと、水があふれ出ます(笑)

ガスが強いというより、ボタンの押し具合で音が変わります。1回やってみてコツを掴んでみれば大丈夫かなあと思います!

失敗してもいいように最初は水でやった方が良いかも…

【3】ボトルを本体から外してなじませる

ボトルを本体から取り外したら、ガスが飲料に混ざるようにボトルをゆっくり優しく振ります。

銀色のフローリリスボタンを押し上げて、音がなくなるまでガスを抜いたら完了!音がなくなる前に開封するとガスが抜けてないので危ないです。

【4】ボトルに注いで完成

キャップを取り外し、グラスに注げば完成です!

お掃除もボトルとボトルキャップを洗うだけなので簡単…だとは思いますが結構洗いにくい印象があるので、水以外で使うと不衛生な印象が拭えません。

完成した炭酸水はどんな味?

とっても簡単に炭酸水が作れました。いろいろな飲料で作ってみましたが、慣れてくると楽しいです!

ちなみに珈琲を炭酸にしたら不味かったです!!

炭酸水は十分なシュワシュワ感がありましたし、すぐに抜ける感じが無かったのでこだわりが強くなければおいしく飲めると思います。

美味しい炭酸水を作るコツ

炭酸水を作る際、常温よりキンキンに冷えた水を使うのがおすすめです。

二酸化炭素(炭酸)は冷たい水ほど溶けやすく、温度があがるほど溶けにくいです。

常温水に炭酸を入れると、ガスも無駄に使ってしまうため、ウォーターサーバーの冷水があればベスト。

節約にもなるしすぐに使えるので、できる限り冷やしてから炭酸水を作りましょう!

気になるコスパ

スターターセットでも60L近くの炭酸水を作ることができます。

ただしこれは作れる最大量というだけで、条件によっては効率が悪くなるみたいですね。↑のように常温水で炭酸水を作ると、余計にガスを使うのでコスパが悪くなります。

効率よく炭酸を入れることができるのは冷水なので、冷たい炭酸水を作るのが一番コスパが良いです。

メーカーに電話で聞いたので間違いないです。

なので細かいコスパは各家庭、作る飲料によって変わってくるのかな…という感じですがおおよそ、

  • 微炭酸:1L/約20円
  • 強炭酸:1L/約30円

くらいになるので、毎日晩酌で炭酸水を飲む人や毎回スーパーで買ってる人にとっては長期的に見てかなりコスパ優秀です。

※コストコで専用ガスシリンダーを買った場合のコスパです!ネットでも一応ガスシリンダーを購入できますが、コストコが底値なのでコストコ以外で買った場合はコスパが悪くなります。

ドリンクメイトのメリット

  • 家で簡単に好きなときに炭酸水が楽しめる
  • 圧倒的に安い
  • ゴミがでないのでエコ

我が家でも毎日晩酌するので、ハイボールやサワーなどを作るときに炭酸水が必要なので良いなぁと思って買ったら大正解でした!

好きなときにできたて強炭酸が作れるのは楽しいしお値段的にも安く済むのでありがたい♪

また、こちらのはコストコ専用商品なのですが、メーカーから販売されている同じ製品の半額近く安いお値段になっているので、ドリンクメイトが欲しいと思っている人は現状コストコでが最安値と言えます。

ドリンクメイトのデメリット

  • 置く場所が必要
  • 水以外の飲料に炭酸を入れるとき、洗うのが面倒
  • コストコでしかガスシリンダーが買えない

コストコ専用に作られた型番なので、ガスシリンダーももちろん専用商品!

強いてあげるなら、補充の場合もコストコで買い続けなければならない&返却しにいかにといけないという精神的な縛りがデメリットですかね~

でも、使い勝手が良くてメリットがデメリットを完全に上回ってるのであまり気になりません。

まとめ

気の抜けたコーラやビールもシュワシュワ感がよみがえるのは凄いと思いました!

メーカーのWEBサイトでは、スキンケア利用にもおすすめされていたので…洗顔用にも使われていました。

最近は炭酸水シャンプーや炭酸水洗顔というのもあるので、意外と良さそう

ちなみに炭酸の強さはガス注入ボタンのプッシュ回数や飲料の種類によって変わります!

当然結構強めの炭酸も簡単に製造できちゃうので、お酒好きな方におすすめです。

価格・値段

7,625円(税抜)/8,387円(税込10%)

サイズ・量

本体サイズ:206mm×126mm×41.1mm

結構場所を取るので、炭酸水を時々飲む人にとってはちょっと邪魔かなと思います。

重さ:1.2kg

メーカー公式ホームページ

http://www.drinkmate.jp/

スポンサードリンク
いいね、フォローで更新情報をお届けします
instagram
フォロワー1.8万
Twitter
フォロワー4.5万
Facebook Google News