×

1度は食べて欲しいコストコのジャンボ苺!Driscoll’s ストロベリーは甘くないのでお菓子作りにおすすめ

コストコ Driscoll's(ドリスコール) ストロベリー
924円(税抜)/998円(税込8%)

日本の苺とは一味も二味も違う風味と食感、そのまま食べるのはもちろん、スイーツ作りににぴったりです!

コストコ Driscoll’s(ドリスコール) ストロベリー

人気の果物のひとつといえばこの大きなパッケージに入ったたくさんの苺です。

アメリカ産のストロベリーで、たっぷり30個入!国内ではコストコを除くとあまり流通していないレア商品だと思います。

Driscoll’s(ドリスコール)はストロベリー・ブルーベリー・ブラックベリーなどベリー類の果物を専門に扱うアメリカの会社。

安価な食料品を扱うブランドとして有名ですが、有機素材の果物も扱っており、世界的にも広く知られるメーカーです。

コストコではストロベリーとブルーベリーの取り扱いがありますよ!

ヘタ付きの大きないちごが綺麗に整列した状態で販売されているパックは、ひと粒ひと粒は形が不ぞろいですが、どれも大きさ6cm&重さは40g前後と驚きのサイズ。

表面は綺麗な赤色でフレッシュな感じですね!

ヘタ部分は国内産のいちごと比べて長めでもっさりとしています。

カットしてみると、断面がこんな感じで空洞ができているんですよね。いくつかカットしましたがすべて空洞がありました。

この点をみると価格程度なのかな…と思ってしまうのですが、食べてみると全く気にならない。

アメリカ苺の特徴なのかな?詳しい方いたら、教えてください(;´・ω・)

味や食感ですが、はじめて食べた人はかなり驚くと思います。しっかりとした噛み応えがあり、果肉に甘みがほとんどありません。

甘みがないといっても青さがあるわけではなくフレッシュで、さっぱりとして美味しいと感じます!

イチゴ=甘い果物というイメージがあるので、ギャップに驚く感じでしょうか。日本国内に流通している甘いイチゴとは違う果物と考えた方が良いですね。

かなり爽やかなので、思ったよりパクパクいけちゃいます。

甘みがないのでチョコレート・生クリーム・アイスクリーム・小豆などの甘いものとの組み合わせが合う…!

余談ですが…

アメリカで有名なブランド果物が、なぜ日本ではあまり流通しないのか…

実は海外ではあまり甘みがない果物が好まれる傾向にあります。果物に塩辛い味付けをしたり、ご飯と一緒に食べる国も結構あるんですよ。

一方、日本は糖度が高い果物を好みます。そのため甘みが弱い果物は日本国内では好まれない…ということで売れないので流通量が少ない、という訳ですね。

食べる時の注意点

水洗い

綺麗に水洗いをしてからカットします。ヘタ部分は特に汚れがしっかりとついているので丁寧に洗いましょう!

ヘタ取り

国産のイチゴと比べると、もっさりとしたヘタと黒く固い根本があるのでカットした方が良いです。

包丁で切り落とすか、固めのストローがあればぎゅっと差し込むと取れます。かなり力がいるのであまりおすすめではありません、専用の器具を使うのがおすすめです!

アレンジレシピ

いちごワッフル

いちごをのせただけ。ボリュームがあって好評でした。

ティラミスパフェ

ティラミスドルチェをカットして混ぜただけの簡単レシピ!チョコレートソースをたっぷりかけると超美味しいです。

ベリーミニパイ

冷凍パイ生地でサクサクっと簡単に!こちらもチョコレートたっぷりで。チョコの相性が良いなーと思いました。

保存方法

冷蔵保存

7~10日程度持ちます。

パッケージをそのまま野菜室にいれればOK!大きすぎて入らない場合は、適当なケースにキッチンペーパーなどをクッション材に敷き、ヘタを下にして重ならないように並べます。

冷凍保存

下処理をしてから密封袋などに入れて冷凍庫に入れます。

  1. 水洗いとヘタ取りをする
  2. 水分を拭き取る
  3. ひと粒ごとにラップで包む
  4. 密封袋に入れて冷凍

冷凍→解凍後は食感が変わってしまうため、スムージーや凍ったままを食べるのがおすすめです。

そのまま冷凍すると甘みがさらに落ちてしまうので、砂糖をまぶして冷凍すると食べるときにそのままをパクリと口に運べたのでおすすめです。

価格・値段

924円(税抜)/998円(税込8%)

サイズ・量

850g(30個入り)

原材料

原産国:アメリカ

いいね、フォローで更新情報をお届けします