コストコのクリスマスジンジャーブレッドハウスキットを作ってみた!組み立ての手順やコツを写真で解説

コストコ ジンジャーブレッドハウスキット
1,295円(税抜)/1,399円(税込)

コストコのカナダ産「ジンジャーブレッドハウスキット」を作ってみました!

完成までの道のり、なかなか盛り上がりましたよ。

コストコ ジンジャーブレッドハウスキット

ジンジャークッキーを使ってパッケージ写真のようなお家を作るクリスマスアイテム。

コストコではこういったキット商品がいろいろ出ていますが、結構難しいんですよね。

「easy to assemble(=組み立てやすい)」と書いてありますが、実際作ってみるとなかなか思ったようにいかない!

なのでここでは実際作ってみた感想と、組み立てのコツを紹介していきます。

パッケージはこちら。スマートフォンと比較してもかなりの大きさなのが分かります。

中にはジンジャークッキーがたっぷり入っているので重量感があります。

ちなみに中身はこんな感じ。

  • プレート
  • ジンジャーブレッド(お家・ツリー・人形)
  • アイシング×2本
  • グミ×2種
  • キャンディー×2種

ジンジャーブレットは厚みがあるので割れにくいはずですが、今回はツリーの一部が破損しちゃいました……。

組み立ての手順

では組み立てを初めていきます!組み立て手順はパッケージ裏面に書いてあります。

とは言え全部英語。イラストを見てイメージしながら進めていくことになります。

プレートの上に組み立てていくのでまずはプレートをセットしておきます。

四角部分がお家を立てるところ、×部分はツリーを立てるところです。

1:アイシングを温めておく

室温が高くないようなら、お湯を近くに置いておいてなるべく柔らかくなるようにした方がいいです。

適度に柔らかくなったらお家の組み立てを始めます。

2:ジンジャーブレッド(お家)を組み立てる

家のパーツにアイシングをつけながら組み合わせていきます……が、思ったよりくっついてくれません。

アイシングが乾くまで待つと少しマシになりますが、それでも崩れるので補強しながら進めます。

コツとしては室内の温度を低めに保ち、お家の傾きなどを直す時はドライヤーを使いながら行うこと。少しやりやすくなります。

3:家ができたら家にまずはデコる

四苦八苦しながらなんとかお家が完成しました!

ので、お家が崩れない内にアイシングやグミ・キャンティでデコレーションをつけていきます!

こんな感じかな~。結構可愛くできました!

4:ジンジャーブレッド(ツリーと人形)を作る

プレートにセットする前にツリーと人形はデコレーションしてしまいましょう!

ツリーは半分にカットしていきますが、少し切れ込みを入れておくとカットしやすいです。

5:プレートにのせて完成

今にも崩れそうですが何とかできましたぁ。

所要時間は1時間ないくらいでしたね。結構難しかったです。

気になるお味

ジンジャークッキーはスパイスが効いていて美味しいです!

ただ結構量が多いので1回で食べきるのは難しいかも。

グミは子供から大好評でしたが、キャンディは砂糖菓子と言う感じで好みが分かれました。

クリスマスの盛り上げアイテムにぴったり

スリルもあって出来上がりまでの工程も楽しいので、特に子供が集まるクリスマス会の盛り上げアイテム!には最適ですね。

インスタ映えする写真も撮影できると思います。

ただし、一人だと飽きてしまうかもしれないので子供は数人いた方がよさそう。

価格・値段

1,295円(税抜)/1,399円(税込)

サイズ・量

1.3㎏

原材料

砂糖、植物油、キビ糖シロップ、コーンスターチ、食塩/増粘剤(加工でん粉、寒天)、着色料(酸化チタン)、香料、pH調整剤

宝石ゼリー

コーンシロップ、砂糖、コーンスターチ/ゲル化剤(ゼラチン、加工でん粉)、pH調整剤、香料、着色料(スピルリナ青、アカダイコン、ニンジンジュース、ブラックカーラントジュース、ウコン、カロチノイド)

ハートゼリー

砂糖、コーンシロップ、転化糖/ゲル化剤(ペクチン、オレンジ由来)、酸味料、pH調整剤、香料、着色料(ニンジンジュース、ブラックカーランドジュース)

キャンディー・ミニキャンディー

ぶどう糖、マルトデキストリン/乳化剤、光沢剤、着色料(カロチン、赤ビート、アントシアニン)、増粘剤(デキストリン)

いいね、フォローで更新情報をお届けします