コストコ ミルクを食べる乳酪バター!手を汚さずに簡単にカットする方法も紹介

いろんなレシピにチャレンジしたくなる大きさですね…!

バターカッターがなくてもカットできる方法や酸化しないアイデアも交えながらご紹介します。

マリンフードバター 450g 878円

香り高く、パッケージに“ミルクを食べる乳酪バター”書いてある通り、ミルクをそのまま食べているようなコクのある味わいがあります。

原材料は、生乳と食塩のみ!

価格は、一般的なバターと比較してかなりお得です。

スーパーのバター価格は一箱200gで498円位なので、マリンフードのバターは3割程度お値打ち。

こんなに大きくて使いきれるかな?と思うかもしれませんが、バターはレシピ幅が広いので躊躇する必要はありません。

パンに塗るだけじゃなくて、カレーに入れてコクを出したり、パンやお菓子作りに使ったり、ホットケーキにのせたりと、色々な使い方ができます。

しかも、消費期限も長めなので安心して購入してくださいね。

バターを包丁を使わずに簡単にカットする方法

バターカッターなしで切れちゃいます。

包丁で切り分けるのが面倒で購入を躊躇していた方はぜひ試してみてください!

用意するもの
  • ビーズなどでブレスレットを作るときに使うテグスまたは刺繍糸

【1】テグスや刺繍糸をバターに巻き、糸を十字に交差させる

【2】持っている糸を引っ張る

十字に交差させた糸を左右に引っ張っていきます。

上下に動かしながら引っ張っていくとスムーズです。

糸をキュッっと最後まで閉まるように引き上げると、綺麗に真っ二つにカットできますよ!

【3】好みの大きさになるまでカット

【1】【2】までの方法を何度も繰り返して、好みの大きさになるまでカットします。

1つあたりを約10〜15gサイズにカットしたり、大きさを何種類にも分けておくと、使い道に応じて取り出せるので便利ですよ!

慣れてくるとスッと糸が通るようになるのでカットするのがめっちゃ楽しくなる!

夏は室温が高すぎてバターがすぐ溶けてしまうので、初心者の方は暑い時期にトライするよりも涼しい時にはじめてみるのがおすすめ!

プレスシールでバターを保存する方法はこちらにまとめました(´▽`)

この記事のカテゴリー:
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

いいね、フォローで更新情報をお届けします