×

コストコ秋限定の生筋子!ほぐし方やアニサキス対策、冷凍保存も解説【完全版】

※お値段は毎年違います。

9月下旬~10月の間にコストコの登場する生筋子(なますじこ)はとっても美味しくてお値段もお得!毎年楽しみにしてる方も多いのではないでしょうか?

下処理・漬け処理は想像以上に簡単なのでぜひ試してみてくださいね~!

魚卵の写真を掲載しております。苦手な方はご注意ください!

コストコ 北海道 秋鮭(白鮭)生筋子

秋のシーズン限定の味です!生の食材がジャンボサイズなので中々手が出にくいかもしれませんが、下処理さえすれば超美味しい濃厚なイクラを自宅で楽しめます!

筋子(すじこ)は、鮭の魚卵で、卵巣に入ったままの成熟な卵で膜につながった状態のもののことを言います。

この筋子の膜を取り除いて卵をバラバラにした状態が「イクラ」です!

つまり生筋子はイクラになる前の状態ということですねー!

一般的にいくらは塩漬けなどの加工がされていますが、コストコの筋子は「生筋子」なので未加工の状態です。

処理しないと繋がっているので食べることはできないですが、しっかりと下処理と漬けを行うとキラキラの濃厚なイクラが自宅で楽しめちゃいますよー!

これは毎年楽しみにしてる人がいるのもわかります!

コストコの生筋子は2本入ってることが多く、1本あたりが200g~250gといった感じなので比較的手を出しやすいと思います。

しかも中々サイズも大きめ!味付け用の醤油だれがついているのもうれしいですねー!

アニサキス対策&生筋子のほぐし方

コストコの生筋子はとても新鮮なので大丈夫ですが、天然のものなので極稀にアニサキスという寄生虫がいる場合があります。

一番の対策は”鮮度の高い商品を購入する”こと!膜や粒に張りがあるかの「目視チェック」が有効です。

以下はざっくり手順。

  1. ボウルに70℃のお湯をはりお湯の0.5~1%くらいの塩を入れる
  2. 生筋子を入れて膜や汚れを綺麗にとる
  3. ぬるま湯を入れ替えて綺麗になるまで3~4回繰り返す
  4. ザルに上げて少し置いたら付属のタレに漬けて完成

これでアニサキス対策も同時にできます。心配な方は醤油漬けが完成したらさらに24時間以上冷凍すれば完璧です!

いくら醤油漬けのレシピ

生筋子はほぐして”いくら”にした後、塩漬けや醤油漬けして食べるのが一般的です!地域によっては粕漬けや味噌漬けにすることもあるようです。

冷凍保存方法

筋子の消費期限は加工日含め3日間。ただし生筋子をそのまま冷凍することは、家庭では推奨されていません。

生筋子に付属しているタレの販売会社である「北海道漁連」に聞いてみたところ、”自宅生筋子を冷凍する場合は下処理+漬け処理をした後で”とのことでした。

なので”いくら”か”塩漬け筋子”などに処理をした後で冷凍するのがベスト。

詳細な冷凍方法&解凍方法、保存期間については別ページにまとめました。

価格について

お値段は変動があるので店頭で確認を。

参考までに2019年に購入したものは100g/580円(税込)でしたが2021年に購入したものは100g/1,080円(税込)でした。

関連記事一覧

スポンサードリンク
いいね、フォローで更新情報をお届けします
instagram
フォロワー2万
Twitter
フォロワー4.6万
Facebook Google News