×

コストコの年会費4,840円の元を取る方法を6つ紹介!ガソリンや割引商品を活用しよう

コストコの会員には2種類あり、個人会員4,840円(税込)と法人会員4,235円(税込)があります。

多くの方が個人会員で登録するので、ここではコストコの年会費=4,840円としてお話していきますね(*‘∀‘)

  個人会員:ゴールドスターメンバー 法人会員:ビジネススターメンバー
 
年会費 4,840円(税込) 4,235円(税込)
資格 18歳以上なら誰でもOK
主婦や学生、一般の方が対象
18歳以上の飲食店や会社経営、個人事業主の方が対象

年会費4,840円と聞くと、「高いな…」と思うかもしれませんが、月額にすれば約400円ほど。

しかも元を取るのはけっこう簡単なんですよ👀

コストコ歴16年、レビューした商品が1,800個以上の私が実践している方法を紹介していきます👌

書いた人
節子(管理人)
コストコ歴17年!ブログでコストコ商品を2,000種以上紹介しているオタク。優しめレビューがモットー!TV出演多数。

年会費の元を取る方法は6つある

  1. 他店より安い商品を買う
  2. 割引クーポンを活用する
  3. フードコートを利用する
  4. コストコのガソリンスタンドで給油する
  5. コストコでタイヤを購入する
  6. 支払方法を変える

以上6つのポイントをどれか1つだけでも抑えておけば、意識していなくても4,840円分お得になります。

方法1 他店よりも安い商品を購入して元を取る

例えば私はダノンのオイコスヨーグルトをリピ買いしていますが、コンビニで買うよりも1個あたり73円も安く購入できています。

個数 コストコ販売価格 コンビニ価格
1個 約87円 約160円
12個 1,048円 約1,920円
72個 6,288円 約11,520円

6箱買うと、5,232円安く買える計算なので、年会費の元が取れます。

毎日1個オイコスヨーグルトを食べるとしたら、6箱72個は約2ヵ月ちょっと分ですし、爆買いというほどの量ではありません。

こういう大容量でお得な商品を狙って買うと良いですよ👌

方法2 割引クーポンを活用してさらに安く買う

コストコでは週に数回、割引クーポンを発行しているので、元からお買い得な商品がさらに安くなる機会がたくさんあります。

例えば以前発行されたクーポンではこんな商品が割引されていました。

上記4商品を買うだけでも1,690円お得になるので、割引のタイミングを狙って買い物するだけでも十分に年会費の元が取れそうですよね。

割引クーポンは紙などを印刷して持参するわけではなく、会計時に自動で適用されます。

割引されてる商品をカートに入れてお会計するだけでOK👍

会員の方はコストコに行く前にメルマガの登録を忘れずに行ってくださいね!

方法3 フードコートでご飯を食べる

コストコのフードコートでは、180円(税込)でホットドッグとドリンクが買えます。

超ビッグサイズなので、大人でも満足するボリューム感。

普通に外食すると1人あたり1,000円以上かかってしまいますが、180円でお腹いっぱいご飯が食べられるので超おすすめ。

ホットドッグ以外にも、アメリカンサイズのピザが380円(税込)たっぷり入ったソフトクリームが270円(税込)などがあります。

フードコートの利用だけで年会費の元が取れそうなくらい安いんです!

方法4 ガソリンを給油して年会費の元を取る

周辺のガソリンスタンドと比べて10円ほど安いので、かなりお得に給油できますよ!

コストコの年会費は4,840円なので、484L給油すればガソリン代だけで年会費の元が取れます!

484Lは、一般的な乗用車なら約15回満タンにするくらいです。

月に2回以上給油する方であれば、半年ちょっとで十分元が取れる計算です!

コストコのガソリンスタンドの使い方はこちら

方法5 タイヤを購入して無料交換サービスを使って年会費の元を取る

コストコで車のタイヤを4本購入すると、購入後のタイヤ交換やメンテナンス費用がすべて無料になるって知ってましたか?

タイヤの交換って1本2,000円~3,000円はするので、毎年スタットレスタイヤに交換すると合計で1万円くらいはしますよね…

コストコでタイヤを買えばこの費用が全部無料になるので、年会費の元が取りやすいです👍

おすすめの方法なので「コストコってそんなにお得に感じない…」と思ってる方はぜひ試してみてくださいね。

方法6 クレジットカード払いでもっとお得に

コストコで買物してると、合計金額が1万円を超えてしまうことも多いです。

そこで、現金払いからクレジットカード払いに変えたところ、1年間で貯まったポイントが5,000円分の商品券になりました。

仮に1ヵ月コストコで3万円使っている家庭だとすれば、1年間で36万円の出費。

  • 1ヵ月3万円を現金で払っていても何もプラスになりません。
  • ですが、1%還元のクレジットカードで支払っていた場合、1年後には3,600円相当分のポイントが貯まります!

食べ盛りのお子さんがたくさんいたり、グループでシェア買いしているなら3万円以上のお会計になることもあると思います。

現金で払えば払うほど、貯まるはずだったポイントを捨てることになるので非常にもったいないです。

支払い方法を変えるだけでお得になるんです!現金払いの方はその分ポイント分を捨ててるって考えたらかなりもったいなくなってきませんか?

1ヵ月に1回しかコストコに行かない人でもクレジットカードで払った方が、ポイント貯まってお得ですよ。

節子が実際に利用しているのは、セゾンカードインターナショナルという年会費無料のクレジットカードです。

終了 アップルストアカードが常に5%OFF

コストコでは10,000円のiTunesカードが9,500円で購入できましたが、2022年6月9日にiTunesカード自体の販売がなくなっています。

普段からアプリ内課金をする方にとってはかなりお得な商品だったので惜しむ声を大きいですね。

今は終了しているので注意してください。

まとめ

  • コストコの年会費の元を取るのは簡単
  • オイコスヨーグルト6箱で元が取れる
  • 割引商品を狙えばお得に買い物できる
  • 1年間の買い物で貯まったポイントが5,000円分の商品券になったので元取れた
  • フードコート利用で外食費を抑える

私の場合、意識しなくても4,840円分お得になりました。

コストコの取扱品には一流メーカーの商品やコストコ自社ブランド品を中心に、どれもコスパに優れています。

年会費4,840円の感じ方は人それぞれですが、低価格を実現できているのは、会員が支払う年会費のおかげ

4,840円も、1ヵ月で計算すると403円なので、元を取るのは想像以上に早いですし、「楽しい」というオプション付き!

コストコで体験できる「海外ならではの商品」や「特大サイズの商品」、「日本では珍しい商品」との出会いは、会員しかできないので、年会費分の価値が十分ある!と私は思います。

とはいえ、会員はいつでも退会が可能で、年会費の全額返金もありますから、入会後に気持ちが変わっても大丈夫!(ちなみに退会後1年間は再入会できません。)

注意点

コストコの年会費の元が取れない場合もあります。

激安販売は衝動買いに陥りやすいです。

「安くたくさん買えれば良い!」というシンプルな考えも良いですが、「せっかく来たからたくさん買っていこう」「安いから買おうと衝動的にならないよう、冷静に買い物をしたいところ…

たくさん買ったほうがお得なのは事実ですが、いらないものまで買ってしまうとお会計がとんでもないことに!💦

ただ、コストコからそれほど遠くない地域に住んでいて、4人以上の家族で、家に大容量の冷蔵庫や収納を持っている方ならたくさん買ってもかなりの節約効果がある!というのは間違いありません。

まずはお試しして年会費の元が取れそうかチャレンジしてみるのもありだと思います!

スポンサードリンク
いいね、フォローで更新情報をお届けします
instagram
フォロワー4万
Twitter
フォロワー5.3万
Facebook Google News
TOP