コストコの年会費(4,400円)はお得?元を取るおすすめの方法

買い物をしなくても入店だけでも会員証が必要なコストコ。年会費4,400円(税抜)は決して安くありません。実際のところどうなんでしょうか?調べてみました。

そもそもコストコはどうして会員制なの?

「スーパーに有料で入るの?」「行くか分からないお店に年会費払うの?元取れる?」そんな疑問は結構あるかもしれません。

なので、今回はコストコの年会費についてちょっと考えてみました。

「安さ」を実現するため

コストコの取扱品は、一流メーカー品、コストコ自社ブランド品を中心にいずれもコスパに優れています。

この低価格を実現できているのは、会員が支払う年会費のおかげです。

会員は2種類で、法人3,850円(税抜)と個人4,400円(税抜)があります。カード1枚で、自分を含めた大人3人まで入店が可能!

会員証には顔写真が付いているので、カードは本人しか利用できません。

年会費以上のお得があるかどうか買った商品を元に検証

スーパーで買えるものは、値段にバラつきがあるため「約」と表記してます。

コストコも時期によって値段が変わりますが、それを考えてもコストコで買った方が安いです。

会費分の元を取るにはどれくらい購入するといいのか、節子ブログでご紹介した商品を例に考えてみます。

例えば節子はダノンのoikosヨーグルトをリピ購入しています。

  コストコ販売価格 市販価格
ダノン oikos 1個83円 約1個170円

市販との差額87円×50個購入=4,350円得したことになり、年会費の元が取れています。1年間でoikosを50個買ってれば、年会費は取れてる計算になります。

余裕で50個以上買ってそう。笑

ちなみに、コストコでは毎日何かのキャンペーンを実施していて、安い商品がさらに安くなる機会が頻繁にあります。上手に使えばより早く元が取れます。

カークランドシグネチャーのために年会費を払う人も

コストコ自社ブランド品カークランドシグネチャーは、高品質でファンのリピート率も高いです。

カークランド商品を買うために年会費を払っている、という人も周りに多いです。

店内には、珍しい品も多数あって試食も豊富!見て・試して・買うが本当に楽しいお店だと思います!

お得に年会費の元を取るなら確実にクレジットカードを持っておきたい

コストコで買物してると、なんだかんだで合計金額が1万円をこえちゃうこともしばしば。

それを現金で払わず、クレジットカード払いに変えたところ、貯まったポイントが年間で5,000円分の商品券になりました。

使う金額によって貯まるポイントが違うので、一概にどれくらいお得だ!とは言えないですが、支払い方法を変えるだけで得するのでこれを実践しないのは損です。

1ヶ月に1回しかコストコに行かない人でもクレジットカードで払った方が、ポイント貯まってお得です。マスターカードのマークさえ付いていればどのクレジットカードでもOK!

自分がメインで使っているクレジットカードを1枚に集約すればポイントが一杯貯まります。

節子のおすすめカードはこちらです。

注意点

コストコの年会費の元が取れないタイプの方もいます。

激安販売は衝動買いに陥りやすいです。「安くたくさん買えれば良い!」というシンプルな考え方はとても大切ですが、『せっかく来たからたくさん買っていこう』『安いから買おう』と衝動的にならないよう、冷静に買い物をしたいところ。

たくさん買ったほうがお得なのは事実ですが、いらないものまで買ってしまうと中々年会費は取れません。

コストコからそれほど遠くない地域に住んでいて、4人以上の家族で、家に大容量の冷蔵庫や収納を持っている方なら…たくさん買ってもかなりの節約効果がある!というのは間違いありません。

まずはお試しして年会費の元が取れそうかチャレンジしてみるのもありだと思います!

節子の感想

まとめ買いするなら”年会費を払っても安いくらい”と言えます。

年会費4,400円の感じ方は人それぞれですが月にすると400円にも満たないので、元を取るのは想像以上に早いです。さらに“楽しい”というオプション付き!

そんな体験は会員しかできないので、やっぱり払う価値はあると思いますねーもちろん個人の感想です。

とはいえ、会員はいつでも退会が可能で、年会費の全額返金もありますから、入会後に気持ちが変わっても大丈夫!(ちなみに退会後1年間は再入会できません。)

関連記事

Pocket

いいね、フォローで更新情報をお届けします