×

コストコのお肉の変色が気になるときに見て欲しい!黒くなっているのは新鮮な証拠

コストコで大容量の牛肉を買う時に気になるお肉の変色について解説します。

牛肉が黒い!これって食べられる?

結論から言いますと、食べられますし、腐っているわけではないので心配しなくて大丈夫です。

本来の牛肉は茶色~黒っぽいくすんだ色をしています。なので、切り立ての牛肉って実はこんな感じの色なんですよね!

この黒ずみを見ると「傷んでいる…」と思うかもしれませんが、これはほとんどの場合正常です!臭いやべとべとした粘りがなければ問題ありません。

牛肉が赤く見えるのは何故?

牛肉に含まれるミオグロビンという色素たんぱく質が空気中の酸素に触れて変化し色鮮やかな赤になっているからです!(酸化反応というらしいです。)

ところが、肉同士触れあってる部分には酸素が通りません。

密封されたパックで酸素に触れにくい中央部に近いほどお肉ほどグレーや黒色になっているというわけですね!

逆に考えれば、コストコのお肉は「カットして空気に触れる前にすぐにパック詰めしている」のでむしろ新鮮な証拠ということにもなります!

お肉屋さんや卸業者さんの中には、「暗めの色のお肉の方が酸化がすすんでなくてむしろ良い!」という方もいらっしゃいました(^^)

なるほどなるほど!

酸素に触れて10~20分ほどすれば赤くなってくるので、お肉が黒くて心配だなあという方は開封してから少し時間をおいてみてくださいね。

特に黒ずみが出やすいのが切り落としや、赤身率の高い挽肉です。

粘り気が出たり緑がかってきた場合は返品を!

時間をおいたけどお肉が赤くならない時や黒ずみがひどくなって異臭を放ってきた場合は、食べずにコストコ会員特権の「商品保証(返品)」を使いましょう。

購入時のレシートと返品したい商品の写真を撮影し、次回コストコに行った際にスタッフさんに伝えることで返金してもらうことができますよ。

返品方法について詳しくは別記事でまとめているので参考にしてみてくださいね。

Pocket

いいね、フォローで更新情報をお届けします