×

コストコで買えるオキシクリーンのウェットシート版の使い方と気になる点を解説

コストコ オキシクリーン 多目的ウェットシート
807円(税抜)/888円(税込10%)

車内や自宅など、いろんなところで使える洗浄力高めのウェットシート。特にプラスチック製品の拭き取り掃除にかなり便利なアイテムでした!

実際に使ってみたビフォー・アフターと気になった点を紹介します。

コストコ オキシクリーン 多目的ウェットシート

よくみるボトル型のウェットシートのようなこちらの商品。コストコで超有名なオキシクリーンブランドのものです。

パワフルな洗浄力が人気なお掃除のお供!特にコストコユーザーは使った事がある方も多いと思います。

そんなオキシクリーンのウェットシートタイプと聞いて、買わずにはいられませんでした!拭くだけでいいのはかなり楽で良いかも(*´з`)

さっそくいろんなところをピカピカにするぞ!と思ったのですが…

どうやらオキシクリーンと同じ成分は入っていないようです。よくよく見たら販売元も違いました。

商品 販売元
オキシクリーン
多目的ウェットシート
ホプキンズ・マニュファクチャリング
オキシクリーン チャーチ&ドワイト

公式HPを見てみると、この多目的ウェットシートはオキシクリーンのブランドライセンス製品だそう!

オキシクリーンの販売元から”オキシクリーン”の名前を使う権利を取得しているようです。

ライセンスも取得していますし、強力な洗浄力があることは間違いないはず!

一体これでどこまで綺麗になるのか…実際に使ってみました。

使用可能な素材

お掃除する前に、使って良い素材を確認します。

  • プラスチック
  • ゴム
  • 窓ガラス
  • 塩化ビニル
  • 繊維

木材には使えないようです。薬剤が染みちゃうからかな?🤔

このラインナップを見ると、けっこういろんな場所に使えそう。基本的には車内用ですが、お家用にも使えます。

車内掃除にかなり便利

手垢が付きやすいハンドルや、

ダッシュボードのお手入れにめっちゃ便利!

拭いてみると白い泡が出てきて、すっと素材に吸い込まれていきます。特にベタつく感じもありませんが、気になる方は最後に水拭き・乾拭きすれば良いかも!

座席の拭き取りにも使えます。

座席は目で見て効果が分かりにくいなー…多分綺麗にはなってるんだろうけど💦

車内のいろんな所が拭けるのは便利でした。特にダッシュボードなど柔らかめのプラスチック面はサッとふくだけで綺麗になりましよ~

ひとつ車においておくと便利かもなー!

家の掃除にも使えます

壁掃除

壁にこびりついた手垢って意外と取るのが大変だし、そんなに目立たないからと放置していましたが、こんなに綺麗になりました。

プラスチック製品

汚れたごみ箱を掃除してみました。プラスチック製品の拭き取りにめっちゃ良い!かなり綺麗になります。

いずれにしても、かなり古い汚れまでは落ちない&ゴシゴシするので体力は使います…体力的にはオキシ漬けした方が楽だなーと感じました。

それでも粉末のオキシクリーンを溶かした溶剤を準備する手間はないので、この辺は好みによると思います🤔

シートのサイズや仕様

シートは広げると30cm×24cmほどです。ボトルから出した段階では2つ折りされている状態です。結構大きいので、1枚でたくさん拭けました。

このシートは表面と裏面で異なる仕様になっているのが特徴です。

  • 表面:丈夫なスクラブ繊維の面(青色)
  • 裏面:滑らかな繊維の面(白色)

表面でガッツリ汚れを取って裏面で綺麗に仕上げる作りになっているようですが、白い面で拭いても洗剤の泡が出ました(笑)

白い面を拭き取り用として使うよりも、拭く面に合わせて表・裏のシートを選ぶと良いかなーと思います!

青い面はザラザラとしているので、プラスチックなどを強めに擦るとキズがつくかもしれません。

ボトルのサイズ感

高さ20cm、直径11cmほどと、一般的なボトル型のウェットシートより一回り大きいです。

ですが、ボトルの裏側がつかみやすい形になっているので持ち運びは楽です。

気になる点

洗浄力も高く、お手軽に掃除ができる良い商品なのですが、使ってみるとちょっと不便だなーと思う点がチラホラ…

これから買う方に参考になれば嬉しいです!

  • 詳しい使用方法が記載されていない
  • 容器の密封性に不安が残る
  • シートが切り取りにくい
  • 素手で持つと手が荒れる可能性がある
  • 窓や鏡に使う時は乾拭きが必要
  • 香りがキツめ

詳しい使用方法が記載されていない

日本語表記もされていないので、初めて使う時は少し戸惑うかもしれません。

容器の密封性に不安が残る

蓋がカチッと閉まらないので乾いてしまわないか心配です。そんなに頻繁に使うものでもないですし、このまま車内に置きっぱなしにしておくとカピカピになりそう…

密封性の高い容器に移し替えて使うと安心できると思います。

シートが切り取りにくい

シートに切り取り線がありますが、シートが分厚いこともあり切りにくい!結局両手でちぎってるので、不便だなーと思うポイントでした。

素手で持つと手が荒れる可能性がある

洗剤がたっぷり染み込んでいるので、素手で持つと手が荒れる人もいるかも。使い捨ての手袋などを用意すると良さそうです。

窓や鏡に使う時は乾拭きが必要

窓や鏡に使うと拭いた後が残りやすいので乾拭きが必要です。この点はちょっと面倒だな~と思いました。

香りがキツめ

また、海外製品ということもあり香りが強め。柑橘ベースのにおいがついています。特に車内だと気になるな~という印象でした。

コスパについて

Amazonでも販売されていましたが、コストコで買った方が圧倒的に安いです。

コストコ 税込887円
Amazon 税込1,370円

2個セットで税込887円。1個にシート30枚入りなので合計60枚入り。1枚あたり14.78円の計算になります。

とはいえ、これが安いのか高いのかイマイチ分からない…🤔ネットで手に入る車内用ウェットシートと価格を比較してみました。

オキシクリーン 多目的ウェットシート 税込887円 ※60枚入り(1枚あたり14.78円)
A社の車内用ウェットシート 税込550円 ※12枚入り(1枚あたり45.8円)
B社の車内用ウェットシート 税込680円 ※20枚入り(1枚あたり34円)

効果や使いやすさは商品によって違うので、一概に安いからおすすめ!という訳ではありませんが、1枚あたりのコスパはかなり高いと思います!

コストコオンラインでも購入できます

https://www.costco.co.jp/p/1457129

商品概要(価格・サイズ・原材料)

商品名コストコ オキシクリーン 多目的ウェットシート
商品掲載日時2021年9月18日
販売価格888円(税込)
重さ606g
サイズ30枚入り×2個
約300×240mm
原材料
オキシクリーン 多目的ウェットシート
原材料水、溶剤、界面活性剤(0.9%、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル)、防腐剤、香料
コストコの販売場所店頭入口
スポンサードリンク
いいね、フォローで更新情報をお届けします
instagram
フォロワー2万
Twitter
フォロワー4.6万
Facebook Google News