実は成分が違う!アメリカ製オキシクリーンと日本製の違いを比較

オキシクリーンは2種類存在します

  • パッケージに日本語が印刷されている日本製(生産国:中国)
  • パッケージに英語が印刷されているアメリカ製(コストコで売っているもの)

同じ名前のオキシクリーンを買っているのに、いつもと何か違うな…と思うことがあるかもしれません。その場合は、きっと別のタイプのオキシクリーンを買ってしまったのかもしれません!

ちょっとややこしいですね!

日本製とアメリカ製の違い

実は成分に違いがあるんです

青いツブツブのアリとナシの有無で差があります。実はこの青い粒の正体は界面活性剤です!

日本製のオキシクリーンには界面活性剤が入っていない

生産国が中国なので、日本製というより日本語版のオキシクリーンです。

界面活性剤とは洗剤成分のことです。石けんなどに入っている普通の成分です。汚れを水に溶けやすくして汚れを洗い流せるようにします。

  • 日本語パッケージには、漂白剤成分のみが入っています

コストコで買えるアメリカ製のオキシクリーンは界面活性剤入り

  • アメリカ製は漂白剤成分に加えて、さらに界面活性剤(石けん成分)が入っています
  • 汚れ激落ちの秘密はこの青いツブツブ!

アメリカ版のオキシクリーンには界面活性剤(石けん成分)と漂白剤成分がダブルで入っていて、すごく汚れが落ちやすいんですね!泡立つのも特徴です。

最近、ドラッグストアで販売しているオキシクリーンEXもこのアメリカ製のオキシクリーンと同じ商品です。

漂白剤成分が汚れを壊して、界面活性剤(石けん成分)が洗い流す。2つの成分が互いに協力して私たちのお掃除を手伝ってくれます。

実はオキシクリーンはリニューアルしてます!

コストコでは現在、リニューアルされた左のパッケージが販売されています!右の旧パッケージもAmazonや他店舗などで流通していますよ。

以前のオキシクリーンと比較してみたところ、粉末がさらさらとして青色の粒(界面活性剤)が大きめに見えます。

コストコで販売されているオキシクリーンは洗浄成分が強いアメリカ製品のものですが、さらにパワーアップという印象です。

また、泡立ちを比べてみたところ…ほぼ同条件で溶かしてみたらリニューアルされたほうが泡立ちがよく泡が大きいです!

香りも意識して嗅いでみると、新しいパッケージのほうが強め。漂白効果を感じる香りでした。

その他はほとんど同じですね。

詳しい違いはこちら!

1kgあたりの値段も全然違う!

オキシクリーンは1kgあたりの価格で考えると安いかどうか判断できますよ。

価格 ÷ kg =で割り算してみてくださいね。

漂白剤の価格比較/2020年1月5日更新
商品名 価格 1kgあたり
アメリカ製オキシクリーン5.26kg(コストコ店頭) 2,138円 406円
アメリカ製オキシクリーン5.26kg(コストコオンライン) 2,498円 474円
アメリカ製オキシクリーン5.26kg(Amazon) 3,300円 627円
アメリカ製オキシクリーン2.27kg(Amazon)
オキシクリーンEXとは
2,728円 1,201円
アメリカ製オキシクリーン802g(ドラッグストア) 1,110円 1,384円
日本語パッケージの中国産オキシクリーン1.5kg(ヨドバシ) 1,100円 733円
日本語パッケージの中国産オキシクリーン1.5kg(Amazon限定) 1,408円 939円
シャボン玉酸素系漂白剤750g 890円~ 1,186円~
暮らしの過炭酸ナトリウム500g 835円 1,670円
過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)1kg 346円 346円
ワイドハイターEX 530g(衣類用)530g 495円 933円

シャボン玉の酸素系漂白剤、やさしい 洗濯用 酸素系漂白剤は純粋な過炭酸ナトリウム(漂白剤主成分)100%です。この中で一番環境に優しいです。

コストコのオキシクリーンは他のサイトと比較して圧倒的に格安!洗浄力も強力といいことばかり!逆にネットで購入するとなので気をつけてくださいね。

実はオキシクリーンに限らず、酸素系漂白剤であれば、だいたい同じような洗浄結果が得られます。

他の漂白剤でも、オキシクリーン同様に漬け置き洗いできます。

いつもコストコで買っている方は間違わないように気をつけてください

オキシクリーンに関する記事

オキシクリーンがはじめての方向け

オキシクリーンの効果アップ術

注意点

オキシクリーンをコストコに買いに行くためにコストコ会員になりたい方はこちら

いいね、フォローで更新情報をお届けします