シルコットのケースをリメイクアレンジ!ラインストーンやシールだけでも可愛くなる

シルコットのハードカバーをおしゃれにデコレーション

手拭きや机を拭くことができるウェットティッシュ、シルコットは我が家の常備品。

コストコでまとめ買いするとかなり安く買えます。

そのシルコットのハードケースにオリジナルデコレーションをしているのをネットで見かけたのでチャレンジしてみました。

だいたいの流れはコストコのクーラーバッグをリメイクアレンジした時と一緒!そのときに余った材料等も一緒に使いました。

材料

  • ハサミ
  • ピンセット
  • デコパージュ専用のり
  • はけ
  • 紙コップ
  • グルーガン
  • 好きなシールやスパンコール、ペーパーナプキン

作り方

【1】どのようにレイアウトするか決めておく

フタにあわせてペーパーをカットしたりちぎったりして、どの辺に貼るのかレイアウトしておくとスムーズですよ。

できたら一度マスキングテープで留めておき、スマホで写真を撮っておいて確認できるようにすると良いです!

【2】デコパージュ専用のりを塗り重ねる

紙コップに専用のりを入れ、ハードカバーに刷毛でデコパージュ専用のりをつけていきます。

その上からカットしたペーパーを貼り、乾燥させるの繰り返し。

ガーゼなどでポンポン叩くと余分に付いたのりが取れますよ。

乾いたらその上から再度デコパージュ専用のりを塗り、それが乾いたらもう一度塗り計3回繰り返したら完成!

ちなみに側面などですが、全て同じ要領で行ってください。

①本体にデコパージュ専用のりを塗る⇒②ナプキンを貼る⇒③乾かす⇒④上からデコパージュ専用のりを塗る⇒⑤繰り返す。

小さいものはピンセットで貼り付けていきます。シールはそのままぺたんと貼っちゃいましょう!

※あらかじめ考えておいたレイアウトになるよう写メを見ながら貼るとスムーズです!

ラインストーンを貼る

蓋の周りにラインストーンをはっていきます。

ストーンの後ろに接着剤がついたタイプを使って、そのまま蓋の形になるよう丁寧にはっていきます。!

粘着剤が付いていないラインストーンならボンドを使って丁寧に貼りましょう。

グルーガンで飾りを貼る

少しアクセントになるよう立体的な素材(刺繍やスパンコール)も貼ってみました。(赤い矢印の部分)

グルーガンで貼り付けるのがおすすめ!ほんの少しグルーガンをつけるだけでしっかりと固まります。

刺繍とスパンコールをつけたことでアクセントが生まれ、キラキラしたかわいいハードケースの出来上がり!

机の上に置いてみると卓上が一気に華やぎます!みているだけでテンション上がりますねー。

まとめ

デコレーションを楽しむコツは自分のインスピレーションに任せること!ただ、やりすぎには注意も必要ですよ。

熱中しすぎた・・・

マスキングテープを貼るだけでもおしゃれにデコれちゃいますし、シールや大き目のストーンを貼るだけでも華やかなデコレーションが作れます。

デコる方法は人の数だけあるので、皆さんも自分なりのデコレーションを考えて、楽しんで作ってみてくださいね!

同じ方法でコストコのバックもデコれるのでチェック!
この記事のカテゴリー:
Pocket

いいね、フォローで更新情報をお届けします