調味料にも使えるしょうがのシロップ漬け!ジンジャーエールやスパイシーチャイにもおすすめなアレンジレシピ

コストコで見つけた国内産の上質なしょうがは、皮が柔らかくてしっとりししていて、鮮度や状態が良いのが見た目でわかるほど!

そしてコスパにも優れていて大容量パック!今回はいろいろ使える「しょうがのシロップ漬け」を紹介~!

しょうがのシロップ漬け

しょうがにはもともとショウガオールと呼ばれる体を温める成分が入っていて、熱を加えることでその成分をより増やすことができます。

加熱して作られたシロップには体がぽかぽかになる成分たっぷり!

飲み物に入れればスパイシーで甘〜いしょうがドリンクを楽しめます。

このシロップ、一度に大量のしょうがを消費するから作るならコストコのしょうががぴったりだと思います!

材料

  • しょうが…400g
  • 三温糖※砂糖でもOK…400g(しょうがに対し1:1の割合の量)
  • レモン汁…小さじ1
  • ホーローバット※鍋でもOK
  • 煮沸した空き瓶

作り方

【1】しょうがを洗い皮を剥く

丁寧に洗いましょう!

スポンジを使わない場合はスプーンの先端でカリカリと削るだけで細かいところまでキレイに皮を剥くことができます。

皮を剥いたしょうがをできるだけ薄くスライスします。

【2】バットにいれて砂糖を全体にふりかけ混ぜる

スライスしたしょうがをホーローのバット(もしくは鍋)に入れ、砂糖を全体にふりかけ全体をよく混ぜます。

混ぜたら30分〜1時間ほど放置して、砂糖を浸透させます。

【3】弱火でじっくり煮詰める

放置して30分経過したら水分が大量に水分が出てきます。

この状態になったら、火にかけ弱火でじっくり煮詰めていきます。

大量のアクが出るのでこまめにとりましょう。

アクが出なくなり、しょうががしんなりしてきたところでレモン汁を入れ、全体をよく混ぜさらに加熱します

【4】とろっとしてきたら火からおろす

しょうがから出た水分が砂糖と混ざりとろっとしてきたところで火から下ろします。

粗熱が取れたら完成!

煮沸しておいた空き瓶にしょうがと出来上がったシロップを入れます。

残ったしょうがはフードプロセッサーなどでみじん切りにして調味料として使ったり、低温のオーブンでじっくり焼いてしょうがチップも作ることもできますよ。

もちろんシロップと一緒に瓶詰めしてドリンクなどに入れてもOK!

今回はシンプルにしょうがだけのジンジャーシロップを作りましたが、お好みでローリエ・唐辛子・シナモンなどを砕いたものをお茶パックに入れて一緒に煮込むのもおすすめです。

より本格的な味を目指したい方はチャレンジしてみてくださいね。

しょうがシロップを使った美味しいドリンク

早速このシロップを使って、一年中体を温めるドリンクを作ってみましたよー!

夏場に嬉しいジンジャーエールと、冬の寒〜い日におすすめのチャイを作ってみました。

ジンジャーエール

  • ジンジャーシロップ…大さじ1
  • 炭酸水…200ml

グラスにジンジャーシロップを入れ、炭酸水を注いだらよく混ぜて完成!

ピリリと辛さと程よい甘みの、すっきりとした喉越しのジンジャーエールです。夏の暑い日にすっきりするのにおすすめです!

ホットチャイ

  • ジンジャーシロップ…大さじ1
  • 濃いめの紅茶カップ1/2(熱々のもの)
  • 牛乳カップ1/2

カップにジンジャーシロップを入れ、よく温めたお湯で入れた濃いめの紅茶を注ぎます。

一度よくかき混ぜてからミルクを注ぎ入れましょう。

甘くてスパイシーなホットチャイの完成です。美味しすぎて何度でもおかわりしたくなりますよー!

このほかにもお湯でわったり、ハイボールに注いでみるのもおすすめです。冷え対策をしながら美味しいドリンクが飲めちゃうなんて最高です!

大量パックのしょうがを購入した際にはぜひ今回ご紹介したシロップを作って体を冷やさないドリンクや料理を年中楽しんでくださいね!

この記事のカテゴリー:
Pocket

いいね、フォローで更新情報をお届けします