イクラの冷凍保存・解凍方法と保存期間!写真付きで解説

こちらの記事はコストコの生筋子を加工してイクラにした後、冷凍保存する方法について記載しています。

市販のイクラや、コストコのいくら醤油漬けでも同じ手順で保存することができます。

イクラの冷凍保存方法

イクラを冷凍保存するときの鉄則は「味付けをした後に冷凍する」ことです。

コストコの生筋子は付属のタレを使って「イクラの醤油漬け」を作ってからかならず冷凍保存しましょう。

【1】食べやすい量に小分けして冷凍庫へIN

魚卵をつぶさないようにして、ジップロック等に入れます。

【2】素早く冷凍させる

前日から冷凍庫にバットを入れておきます。

バットにイクラが入ったジップロックをいれて急速冷凍をします。

我が家では冷蔵庫の「一気冷凍機能」を使っています!

小分けは面倒という場合は瓶詰めなどにしてそのまま冷凍してもOKです!食べきれる場合はそのほうが楽だと思います。

解凍方法

冷凍したイクラを食べる場合は、食べる前日からイクラを冷蔵庫に入れてじっくり解凍していきます。

早く解凍したい場合は、ジップロックのまま水につけて解凍するのがおすすめ。流水の場合は勢いがつくと魚卵が割れる可能性もあるので注意です。

パスタの具材やクラッカーのつけ合せ等と幅広く使えます。

保存期間

冷凍いくらの保存期間は1~2ヶ月程度です。

鮮度の良いイクラを急速冷凍した場合はもう少し長く持つかもしれません。

いずれにせよ、そもそも冷凍せずに食べきるのがおすすめなのでなるべくなら冷凍することのないほうが良いですね。

解凍の際にニオイをかいでみて異臭がするものや、粒が割れたり変色しているものは腐っている可能性があるので処分しましょう。

関連記事一覧

いいね、フォローで更新情報をお届けします