ハミングウォーターの水の温度はいくつ?インスタント食品に使えるのか検証

ハミングウォーターはボタンひとつで冷水・常温水・温水が出るウォーターサーバーです。

水を冷やしたり沸かす手間がないので便利ですが、それぞれ何℃くらいのお水が出るのか気になって調べてみました。

温度によって使いやすい・使いにくい場面があるので参考にしてくださいね。

ハミングウォーターの水の温度

ハミングウォーターで使える冷水・常温水・温水の3種類の水の温度を測ってみたところ…

  • 冷水:10℃(冷蔵庫で冷やした水より少しぬるい)
  • 常温水:25℃(蛇口から出てくる水と同じ温度)
  • 温水:80℃(電気ケトルで沸かすお湯よりも少しぬるい)
我が家で測った時の温度なので、実際はお住まいの地域の気温や環境によって前後します。

ウォーターサーバーの水の温度はメーカーによって異なりますが、ハミングウォーターは一般的な温度設定になっています。

熱々の温水が使いたい時は再加熱機能を使う

ハミングウォーターでは、再加熱機能を使うことで温水を約90℃まで温めてくれます!

再加熱をする手順はたったこれだけです。

  1. ロックボタンを1回押す(完全ロック状態にする)
  2. 温水ボタンを3秒長押しする

温水ランプが点灯すると再加熱が始まり、ピーという電子音が鳴ったら再加熱が終わります。

温度別おすすめ利用シーンまとめ

一般的な電気ケトルではお湯を100℃前後に沸騰させるものが多いので、それと比較すると実はハミングウォーターの温水は少しぬるいです。

ですが、調理に問題なく使えるなら十分!ということで、早速いろんな調理で本当に使えるのか検証してみました!

インスタント食品にも問題なく使えるとうれしいな~。
インスタント麺

温水〇
少しほぐす必要はありますが、食べやすい柔らかさになりました。

インスタントスープ

温水〇
粉が溶けるまでに少し時間がかかりました。
個人的にはもう少し熱い方が好きですが子供には好評。

緑茶

温水〇
すぐ飲めるちょうどいい熱さです。
熱々のお茶が好き!という人にはすこし物足りないかも。

ミルクティー

温水〇
お湯溶けもよく、すぐ飲めるちょうどいい熱さです。ティーパックでも問題なさそう。
ミルクを多めに入れる人には少しぬるいかもしれません。

赤ちゃんのミルク
冷水〇温水〇
哺乳瓶の消毒から湯冷ましまでできるのでとにかく楽。慣れると赤ちゃんを抱いたままでも作れます。
お湯割りや水割り
冷水〇温水〇
お酒の風味を邪魔しないので相性抜群。水割りやロックで飲む時はハミングウォーターの水で氷から作るのがおすすめです。
お米を洗う
冷水〇常温水〇
常温水でお米を洗い、冷水で炊くと美味しく出来上がります。天然水を使うのは気が引けますが、ハミングウォーターなら遠慮なく使えます!
白湯
冷水〇常温水〇温水〇
白湯は50℃前後が適正温度なので、温水に常温水か冷水を混ぜて作ります。いちいちお湯を沸かす必要もないので便利です!
コーヒー
温水〇
ドリップ式コーヒーに最も適したお湯の温度は85℃~90℃。温水をそのまま使うとベストです。
いろいろ試してみたところ
  • ハミングウォーターの熱湯は十分使い勝手がいい!
  • 特に子供にはかなり好評。熱いのが苦手な人はそのままでも使えます!

ただし商品や好みによっては物足りないかもしれません。

そういった場合は再加熱機能を使ってみてください!

実は温水の温度を90℃や100℃くらいに保とうとすると、電気代が高くなってしまうんです。

ハミングウォーターはeco機能搭載で電気代も月々約475円に抑えてくれています。

結局、温水は熱すぎてもすぐに飲めなかったりして不便なので、80℃という数値よく考えられた温度なんだと思います。

関連記事一覧

Pocket