ハミングウォーターの熱湯の温度はいくつ?インスタント食品には使えるのか検証

ハミングウォーターがあれば、時間がない時でもお湯がすぐに用意できるので便利です。

ですが、通常沸騰させたお湯で調理を行うインスタント食品にそのまま使っても問題ないのでしょうか?

ここではハミングウォーターの熱湯のパワーを検証していきます!

ウォーターサーバーの熱湯のパワーは?

ハミングウォーターには、冷水・常温水・熱湯の3種類の水が使えますがざっくり温度を測ってみました。

  • 冷水:10度
  • 常温:25度
  • 熱湯:80度~90度

電気ケトルでは100度前後に沸騰させるものが多いので、比較すると少しぬるいようですね。

とは言っても、熱すぎても結局は冷ますことになるので調理に問題なく使えるなら十分です。

早速検証していきます!

インスタント麺

お湯を注ぎ、数分で出来上がる一般的なインスタント麺です。

小さい方の麺は全く問題ありませんでした。すぐ食べられるようになっていました。

大きい方の麺は少しほぐしあげる必要がありますが、麺は食べやすい柔らかさになっていたので十分です。

インスタントスープ

粉が溶けるまでに少し時間がかかった印象がありますね。個人的にはもう少し熱い方がいいかな?と思いました。

ですが、熱すぎないため子供にはとても好評でした。猫舌な人にも良さそうです。

緑茶

こちらもインスタントスープと同じで、人によってはすぐ飲める熱さでちょうどいいです。

熱々のお茶が好き!という人にはすこし物足りないかもしれません。

紅茶

お湯溶けもよく、ちょうどいい感じ。美味しく頂けました。ティーパックでも問題なさそうです。

ミルクを多めに入れる人には少しぬるいかもしれません。

まとめ

今回試したのはこちらの商品たち。いろいろ試してみたところ、ハミングウォーターの熱湯は十分使えるな、と思いました!

熱湯の温度を100度に維持しようとすると電気代がかかりすぎてしまいますよね。熱すぎてもすぐに飲めなかったりするので、80度は丁度いい、よく考えられた温度なんだと思います。

お湯を沸かす手間が省けるので、上手に取り入ると時短調理に大活躍しますよ。

ただし商品や人の好みによっては、物足りないかもしれません。
  • 子供にはかなり好評。熱いのが苦手な人はそのままでも使えます!
  • コーヒーと浄水の相性がとってもいい
ドリップ式コーヒーに最も適したお湯の温度は85度から90度なので、そのまま使うとベストな温度です。

関連記事一覧

Pocket