ハミングウォーターでつくるウイスキーのお湯割り!ボタン1つで手軽においしく作れる理由

寒い日はお湯割りでほっと一息。ロックやハイボールのイメージが強いウイスキーですが、実はお湯割りもおすすめ。

ホットウイスキーをおいしく飲むには温度と水の硬度が重要です。今回はおいしいお湯割りの作り方を紹介します。

こだわりのお湯割りウイスキーを楽しむには

  • 一般的に、ウイスキーのお湯割りに適した温度
  • 香りと風味を邪魔しないまろやかな口当たりの温水、が重要

ホットウイスキーの魅力は香りを存分に楽しめること。

温めることで、ロックやハイボールではわかりづらい奥深い香りを堪能できます。

おいしいお湯割りに最適な温度

  • わが家で使っているハミングウォーターの温水は約80℃とお湯割りにぴったりの温度なので、いちいちお湯を沸かさなくていい!

我が家で調べた時は冷水10℃、常温22℃、温水81℃でした。

沸騰したばかりの熱湯ではウイスキーの風味が飛んでしまうので、ウォーターサーバーの種類によっては少し冷ましてください。

香りと風味を邪魔しないお水

  • ウイスキーの風味を邪魔しない、まろやかな口当たりの軟水がおすすめ!

水の硬度には軟水硬水があり、水の中に含まれるミネラルの量によって決まります。

ミネラルが少なければ軟水で、ミネラルが多ければ硬水になります。

種類 硬度
軟水 軟水 0~60mg/ℓ未満
中硬水 60~120mg/ℓ未満
硬水 硬水 120~180mg/ℓ未満
超硬水 180mg/ℓ以上

※WHO(世界保健機関)のガイドラインに沿った水の硬度分類

一般的には…
  • 軟水は口当たりが軽くまろやか
  • 硬水はしっかりとした飲みごたえがある

水道水をそのまま沸かしてに使うのはNG

日本の水道水は一般的にどこも軟水なので、ウイスキーのお湯割りに適していると言えます。

ただし、水道水には消毒のために塩素が使われており、まずさの原因になってしまうので、水道水を沸かして使うのはおすすめできません。

また、沸騰したばかりのお湯はウイスキーの風味を飛ばしてしまうため、一旦冷ます必要があり面倒です。

わが家ではハミングウォーターを使っています

温度、硬度ともにホットウイスキーにぴったりなお湯がボタン1つで出てくるので、前より手軽に楽しめるようになりました。

すぐにお湯が欲しいときにウォーターサーバーがあると便利ですね。

おいしいお湯割りの作り方

おいしい割合
  • ウイスキー1:お湯2~3

グラスをお湯で温める。

写真では分かりにくいですが、ハミングウォーターのお湯を使って温めました。

グラスの1/3から1/4ほどウイスキーを注ぐ。

ウイスキーの2倍~3倍のお湯を加える。

軽く混ぜて完成。

レモンやシナモンを添えるのも、違った味が楽しめておすすめ。

関連記事一覧

Pocket