コストコで買えるギリシャヨーグルトの美味しさを食べてみて比較してみた

コストコの定番商品「オイコス ヨーグルト」。

ギリシャヨーグルトとしての評価も高いオイコスと、他社のギリシャヨーグルトはそれぞれどのように違うのかを比較してみました。

コストコヨーグルト食べ比べ!一番美味しいヨーグルトは?

結論から言うと、バランスが良い⇒オイコス、味と食感に特化⇒パルテノ、安さ重視⇒アテナといったところです。

今回用意したヨーグルトは3種類

  • オイコス
  • パルテノ
  • アテナ グリークヨーグルト

スーパーでも購入できる、入手しやすいギリシャヨーグルトとコストコのアテナヨーグルトの3つを比較。

大きさやサイズ、量などそれぞれ異なりますが、どんな違いがあるのでしょうか。

オイコス

加糖・・・110g、158円(税抜)、脂質0g

プレーン無糖、加糖をはじめ、ストロベリー、ブルーベリー、パッションフルーツ&マンゴー、季節限定商品やスーパーフルーツなど味のバリエーションも豊富。

季節ごとに新商品が販売されるのもポイント!

かたさ かためだが少しふんわりした感じあり。スプーンにすくって裏返してもこぼれ落ちない
口当たり

口の中でとろけるムースのようななめらかさ

酸味が強めでさっぱりとした食べ心地。すっきりとした味。
満腹感 1カップでちょうど小腹が満たせました

スプーンでふわっとすくえて気持ちよく食べられるのがオイコスの良いところ。

朝ごはんや深夜の禁断おやつにもってこいです。

パルテノ

砂糖不使用・・・100g、119円(税抜)、脂質4.8g

濃縮3倍の濃厚ヨーグルト。

味のバリエーションははちみつ、ストロベリー、ブルーベリー等。

後のせできるソース付きの商品も販売されています。

かたさ 水気がなく結構かため。ずっしりと重みがあり、スプーンにぴったりくっつき落ちる気配なし
口当たり クリームチーズのようなこっくりとした食感
クリーミーでマイルド、コクが強くて酸味はあまりない。
満腹感 濃厚なので食べ終わって満腹感がありました

どちらかというとデザートの側面が強いパルテノ。

甘みも感じられるクリーミーな食感はレアチーズケーキを思わせます。ほんとうにクリームチーズを食べてるのかと思うような濃厚感。

オイコスとパルテノの違いと比較

オイコスとパルテノ、その違いを簡単に例えるならオイコスはムースで、パルテノは濃厚クリームチーズです。

同じギリシャヨーグルトで、バリエーションもほぼ同じですが、口当たりや食感が全く違うことを考えると、全く別物として捉えるのがいいかもしれません。

ただし、カロリーや脂質などダイエット視点を重視するとオイコスが優秀。

コストコで購入すれば価格もグッと抑えられます。

アテナ グリークヨーグルト

味1種類・・・1kg、815円(税抜)、脂質5.1g

コストコではオイコスと並んで人気のあるギリシャヨーグルトで、容量の多さとコスパ率が高いのが特徴です。

バリエーションはなくこの一種類のみ!

かたさ 水気が多くスプーンに載せて傾けるとこぼれる
口当たり

プレーンヨーグルトをそのまま水切りしたシンプルな食感、舌の上でざらっと伸びる。

ヨーグルト特有の強い酸味、一番市販のヨーグルトに近い
満腹感 オイコス・パルテノと同じ量を食べても満腹にはならない。朝食などに摂るのがペスト

水切りした濃厚なヨーグルトを食事がわりに食べたり、料理の調味料として使うならグリークヨーグルトを使うといったように、使い分けて楽しむのが○。

コスパが一番いいので大量にヨーグルトが食べたい人は間違いなくコレ!

まとめ

他社のギリシャヨーグルトと食べ比べてみて思ったのは、個人差はあるもののオイコスは味、食感、量、カロリーや質の全てにおいて優秀!

それぞれのヨーグルトに個性があるので、食べたい気分や用途によって、どのヨーグルトを購入するかを決めるのも楽しいかもしれません。

オイコスをメインで楽しみながらも、ときには他社のギリシャヨーグルトも味わってみた結果、新たな発見がったというお話でした。

この記事のカテゴリー:
Pocket

いいね、フォローで更新情報をお届けします