コストコのエアベッドめちゃ安い!LIGHTSPEEDの商品なので安心、いろいろ使えて超おすすめ

Lightspeedダブルエアーベッド
4,628円(税抜)/4,998円(税込)

たまたま目に入ったこちら商品、エアベットですが、ダブルサイズで電動空気ポンプがついて5,000円以内!

あまりにお得すぎて、思わず購入してしまいました。

Lightspeedダブルエアーベッド

店内には空気を入れた状態のエアーベッドが展示されていましたが、ダブルベットなのでかなり大きい!にも関わらず、商品パッケージはかなりコンパクトなんです。

この商品で合っているのか確認しちゃいました。そして、持ってみると軽いくて驚き!

箱の中に入ってるもの

  • エアーベッド…使い勝手のいい濃紺の収納袋に入ります
  • 電動空気ポンプ…小型で軽量、空気の注入も排出もできる
  • ポンプのノズル…3種類
  • 取扱説明書…多言語タイプ・日本語ももちろんあり

乾電池は入っていないので、単1形乾電池×4本を用意してくださいね。

さっそく、空気を注入してみましたが、びっくりするくらい簡単!

やり方

だいたいの手順をまとめてあります、後は買ってみて触りながら進めていくと良いかと思います。

【1】クルクルと丸めてあるエアーベッドを広げる

【2】バルブに電動空気ポンプの一番幅広サイズのノズルを差し込む

【3】電動空気ポンプのスイッチを入れる

電動空気ポンプのブィーンというちょっと大きな音とともにどんどんエアーベッドが膨らんでいき、なんと、約1分半で完成!

エアーベッドのバルブは2タイプのノズルと対応しているので、ノズルを差し替えて空気の微調整ができます。バルブを開けた時に抜ける空気の補充に重宝します。

ベッドサイズ約142×198㎝なので、大人二人でもゆったり横になれるのはもちろん、ベッドの上部は空気が多めに入るようで、足元より膨らんでおり枕いらず。

そのため、ふくらませただけの状態で、枕の様な仕様になるので頭が背中より高い位置にきて寝心地がいいですね。

かなりやわらかい!

一般的なエアベットより、かなり弾力性があります。ふわふわしているので、身体がマットにしっかりとくっつきます。

固めが好きな方は、1枚マットを乗せるといいかもしれません。

使い心地も中々良いですが、素材にも魅力がたっぷり!

素材は、環境に優しいTPU(熱可塑性ポリウレタン)だけが使用されています。

そのせいか、ビニール製品独特の鼻を突くような匂いはしませんでしたね。実はこのTPUという素材が優れ物!

  • 耐摩耗性に優れていて、はっ水性も抜群…お手入れが簡単なんですよね。
  • 幅広い使用温度で弾性あり…上質な素材なんです。
  • 燃やしてもダイオキシンが出ない…10年で土にかえる

ちなみに、エアーベッドは表と裏で風合いが違います。

グレー色の表は、すべすべな肌触り。濃紺色の裏は、表に比べて少しかため。

片付け方

大きなエアベットの片づけ…この点は少々心配していたんですが、片づけも簡単すぎます!

しかし写真だとあまり説明できないので、なんとなくプールとかに使われる空気を抜きいれするやつを思い出してもらえればわかると思うんですが!それを簡単にした感じです。

【1】電動空気ポンプの吸入口にノズルをつける

スイッチを入れたら少し空気が抜けていきます。

【2】空気を抜きながら収納

エアーベッドを縦方向に3~4つ折りにして頭の方からバルブの方へ空気を抜きながらクルクル丸めて収納袋に入れます。

とにかく、空気抜けが早い!シート全体が小部屋になっていないので空気抜けが早く綺麗。

電動空気ポンプの排出が本当に助かります。5分もあれば片付け完成!もちろん、一人でも余裕でできちゃいます。

収納袋に入れるのはもちろん、箱に戻すのも楽々。使った後にコンパクトな外箱にちゃんと片付ける事ができます。

いろいろな用途に使えそう!

このエアーベッド、保管場所をとらないのも魅力の1つ。

アウトドアで使う以外にも、急な来客用の寝具や災害時用に常備しておくのもいいかもしれません。

そして、電動空気ポンプも中々使える。コンパクトな上にノズルが3種類入っているので、エアーベッド以外にも浮き輪やエアボート、プールなど他の空気入れにも使えて便利!上質な上にいろいろ使えてこのお値段!

かなりおすすめです。

価格・値段

4,628円(税抜)

サイズ・量

ベッド使用時のサイズ:約142×198×26cm

外箱のサイズ:20×47×24㎝

いいね、フォローで更新情報をお届けします