レタスの保存方法!簡単に芯をくりぬく方法と長持ちさせるコツ

冷蔵庫に保存のするとき時のコツは芯をくりぬくことです!

レタスを新鮮に保存する方法

鮮度が高いレタスを冷蔵庫で保存するコツは、芯を抜き、芯の代わりに濡れたキッチンペーパーで作った芯を差し込んでおくこと。

これをするかしないかで鮮度がかなりかわるので、ぜひやってみてください。

芯の抜き方

片手でレタスを持ち、片手でグーを作ります。

このグーで、芯の部分を何回か叩きます。強めに叩いてくださいね!そうすると芯の部分だけがレタスの内部に入ります。

これを取り出すと、芯の部分だけがキレイに外れます。

芯を抜くとこんな感じ!

穴が空いたところに、濡れたキッチンペーパーで作った芯を入れ、保存袋に入れれば長持ちさせることが可能です!

冷蔵庫で様子を見ながら保存してくださいね。1週間程度は大丈夫ですが、購入後は早めに食べるのがおすすめです!

ほんとにみずみずしくてシャキシャキなレタスなので、鮮度抜群の内に旬の味を存分に楽しんでくださいねー。

冷凍保存はできる?

一応できます。

葉っぱをちぎって水気を取った後ジップロックにいれ冷凍で2~3週間はOK!

ただしレタスはもともとほとんどが水分なので、解凍してもシャキシャキにはならずシナシナになってしまいます。なのでスープや炒め物に使う予定の場合は冷凍保存しても大丈夫です。

いいね、フォローで更新情報をお届けします