烏龍茶で作ったチャーシューがさっぱり旨い!余分な脂が落ちたやわらか煮豚のレシピ

コストコで見つけた黒茶烏龍茶で豚肉を煮込んでみたら、余分な脂が落ちてやらか〜い煮豚ができちゃった!

デトックス効果や余分な脂を落とす効果がある上に、コクと旨みを感じるお茶なのでさっぱりしたチャーシューができましたよ。

黒茶烏龍茶で煮込んださっぱりチャーシュー

黒茶烏龍茶と一緒に煮込むだけでこんなにも柔らかくて美味しい煮豚が作れることに驚き!

そんな余分な脂も落ちて柔らか〜な煮豚の作り方をご紹介します。

材料

  • 黒茶烏龍茶2パック
  • 豚ロース(豚バラでもOK)…200〜300g
  • しょうが…一欠片
  • ネギの青い部分…1本
  • ★醤油…50cc
  • ★みりん…25cc
  • ★酒…25cc
  • ★お酢…10cc
  • ★保存袋…1枚

作り方

【1】★の材料を混ぜて漬けダレを作っておく

保存袋(ジップロック)に★の材料を全て入れ混ぜ合わせておきます。

【2】豚肉を煮る

大きめの鍋に豚ロース・しょうが・ネギを全て入れて、鍋に豚肉が浸るくらいまで水を入れます。

ある人はしょうがやニンニクを入れてもいいですよ。

そこに黒茶烏龍茶のパックを入れてお茶がしっかり出るまで一緒に煮出します。

【3】煮込む

水が茶色く変化したらパックを取り出し、30分ほど煮込みます。

豚肉を茹でた茹で汁は捨てずにスープのだしとして使いましょう。

烏龍茶の味はほとんど消え、豚の旨味が出てるのでとても美味しい出汁になっています!脂をすくってから使ってくださいね。

【4】粗熱を取り漬けダレに漬ける

煮込み終わったら粗熱をとり、漬けダレの入った保存袋に豚肉を入れます!

このとき、できるだけ空気を抜いて漬け込むのがポイント。

ゆで卵も一緒に保存袋へ入れておくと味玉子も作れます。

【5】一晩寝かせて完成

冷蔵庫で一晩寝かせたら完成です。

薄く切り出したお肉は柔らかく、ほどよく脂がのっています。あっさり・ふっくらしててとっても美味しい!

脂分の多い豚肉を煮込む時は、まずは黒茶烏龍茶で脂を落として食べるのがいい!というのが我が家の料理の鉄則になりそうな予感です。

煮込むだけでなく、冷しゃぶを作る時にも烏龍茶でしゃぶしゃぶするのもいいかもしれませんね。

ヘルシーな豚肉料理を作る時は黒茶烏龍茶が欠かせなくなりそうです!

この記事のカテゴリー:
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

いいね、フォローで更新情報をお届けします