コストコさくらどりむね肉の切り方!しっとり柔らかにするコツ

パサつきやすい「鶏むね肉」をしっとり柔らかな肉にする秘訣は切り方にありました!

さくらどりむね肉を柔らかくする切り方

コストコのさくらどりむね肉はスーパーのものよりもふっくらしているので、そのまま調理して食べても十分美味しいのですが、調理したらパサついたという方も多いはず!

その秘訣とは…
  • 切る時に鶏肉の繊維を断ち切ること

鶏肉、牛肉、豚肉などどんなお肉でも、よく見ると繊維があることがわかります。

鶏胸肉の場合もこの繊維を断ち切ることで柔らかな胸肉になりますよ。

【1】皮を取ってまな板にのせる

鶏むね肉の皮を手で掴み取り、皮が付いていた面を上にまな板の上にのせます。

【2】真ん中あたりにある筋を境に半分にカット

よく見るとわかると思いますが、中央あたりに筋があります。

この筋を境に包丁を入れます。

切るとこんな感じです!

【3】繊維の入り方をみて、境目でカットする

部位によって繊維の入り方はまちまち。

繊維の方向がかわっているところを全て見つけ包丁でカットします。

今回は3つの塊にカットしました

【4】それぞれの部位を切っていく

カットしたお肉は、繊維を断ち切るように繊維に対し垂直に包丁を入れ切っていきます。

つまり、繊維に対して交差するようにカットするということ。決して繊維に沿ってカットしないでくださいね〜。

カットの秘訣はたったこれだけ!

繊維に向かって垂直にカットしていくこと。これだけで柔らかくなります。

カットした後はラップで包んだあと密封して保存しましょう。

全然パサつかない!みなさんも是非試してね

上で切った鶏むね肉を、パサつきやすい「蒸し」「茹で」「焼き」で食べてみました!

  • 蒸す・・・電子レンジでラップをかけて3分
  • 茹でる・・・沸騰したお湯にむね肉を入れ、火が通ったら取り出す
  • 焼く・・・フライパンに油をひき、火が通るまで焼く

うん!どれも美味しいし柔らかい。とくに蒸したものは旨みが詰まっています!茹では冷めても柔らかくしっかり歯ごたえがあっておいしい。

どれも大成功です。

いつも悩みだった調理後のパサつきはほとんど感じられなくなりました。

もも肉と全く同じかと言われると、そこは少し違うような気もします。

ただ、これまでの胸肉の味わいとは全く違い、これなら育ち盛りの男子でも喜んで食べてくれるかなぁと思いました。

保存方法

この食材を使ったアレンジレシピ

いいね、フォローで更新情報をお届けします