×

コストコのマンゴー!2021年はメキシコ産トミー種!繊維質が多くトロトロで甘い

コストコ トミーマンゴー
1,387円(税抜)/1,498円(税込)

コストコで季節のフレッシュフルーツがいろいろ並んでいるとアレもコレも試してみたくなります。初夏にはマンゴーが山積みされているので気になる方も多いのでは!?

コストコ トミーマンゴー

コストコでは5月から7月にかけて店頭にたくさん並ぶマンゴー。

今年もアタウルフォマンゴーの他にオーガニックマンゴーとこちらのトミーマンゴーが販売されていました!

この時期になると不思議なことに海外の方がマンゴーコーナーで超大量のマンゴーを買っているのをよく見かけるんですが私だけでしょうか(笑)

さて、今回買ったメキシコ産のマンゴーは「Tommy」という品種です。

正式にはトミー・アトキンス・マンゴーと言い、見た目が綺麗でキズが付きにくく、劣化がほとんどないことから長期間保存ができるとのこと!

実はメキシコ産マンゴーにはいろいろな種類があり、店頭にならぶ品種は時期によって異なります。

たとえば、春先から出るのが、芳香なへーデン種。その後は繊維質の少ないケント種というマンゴーが出回ります!

見た目はほとんど変わらず、品種名はpopに記載されていません。外箱にちらりと印字されているので、チェックをしましょう!!

マンゴーのサイズ感やコスパ

マンゴーは段ボールに8個入っています!

1個あたり430gで174円なので、普通に買うよりは全然安いですね✨

かなりずっしりとしています。

メキシコ産マンゴーはヒョウタンのような形をしていて、熟すと赤色を帯びてきます!食べ頃かどうかをチェックしてからカートインするといいですよ!

マンゴーは冷やしてしまうと熟成が止まってしまうので、熟成させたい場合は冷蔵庫には入れず、常温の涼しい場所で熟成させます。

熟成が進むと赤みを帯びて、果実全体が柔らかくなります(*‘∀‘)

食べごろだな~という仕上がりになったら、冷蔵庫に入れましょう。キッチンペーパーなどで保護しておくと傷がつきにくいです。

マンゴーのカット方法

↑写真は以前紹介したアタウルフォマンゴーです(*´з`)

  1. マンゴーの中央に親指分くらいのスペースを空ける
  2. 左右をカットして3等分にする
  3. 種が入ってない左右のマンゴーに切れ目を入れる
  4. ひっくりかえす

マンゴーは中央に大きな種があるので、カット方法を確認しておきましょう。

真ん中の部分はしゃぶったりかじったりして食べます。

Tommyマンゴーは繊維感が強くてとても甘い!

カットしてみて驚いたのが繊維質の強さ。日本で買うマンゴーとは全然違いますね!

写真だとさほど違和感ないかと思いますが、カットしてみると繊維質が多く、甘さやとろみは普段食べなれたマンゴーとは全く違います。

繊維質が強めなので、抵抗がある人もいるかもしれませんね。

赤味を帯びた完熟状態だと、トロトロを超えてどろどろ(笑)

もはやすする感じです、味はとても甘くて美味しいです。

熟しすぎてしまったものはヨーグルトやスムージーなどにするのがおすすめです!

食べ方

長期間保存できる点はすごくいいと思いましたが、食べ方は少し工夫をするとよさそうです。

熟成はほどほどに、小さくカットしてタルト生地やホイップと合わせたり、他のフルーツやスイーツと合わせるといい感じです。

  • ヨーグルトや生クリームと一緒に
  • アイスやジュースに
  • フルーツボウル

などなど。世界の味を楽しめるのはコストコならではだと思いました!

保存方法

食べきるのが難しい場合は、カットして冷凍しておけるので使い勝手がいいです!

スムージーなどを作る時にもいいかもしれませんね♪

価格・値段

1,387円(税抜)/1,498円(税込)

サイズ・量

4kg(8個)

原材料

メキシコ産 tommy種マンゴー

いいね、フォローで更新情報をお届けします