簡単6ステップでわかるコストコの会計方法と支払い方法

コストコのレジは大きなベルトコンベア式になっています。コストコがはじめての方だと戸惑いますよね。今回はそんな会計から支払方法までを紹介していきます。

STEP.1 商品を選び終えたらレジヘ

レジは普通のスーパーと同様に横にずらっと何台もあるので、空いているところに並びましょう。

STEP.2 ベルトコンベアの上に商品を置きます

ベルトコンベアに商品を乗せます。大きいものはそのままカートに乗せたままで大丈夫です。最後に仕切り棒がベルトコンベアのサイドにおいてあるので、それを商品の最後尾に置きます。

ベルトコンベアの側面には「CART」と書かれています。「CART」と書かれてある方がカートを置いておいてください。スタッフがカートをレジの向こう側に移動させてくれます。自分はレジの前で待ちます。

STEP.3 会計の順番が来たらスタッフに会員証を提示

会員証を提示してくださいと言われるので会員カードを手渡しましょう。決済できるのは会員証を持つ人だけです。

コストコのスタッフが商品のバーコードを読み取り、商品をレジの奥へ流してくるので元のカートに入れていきましょう。

STEP.4 支払いは、現金またはクレジットカード

次の4つの支払い方法があります。

  • 現金
  • クレジットカード
  • コストコ商品券
  • コストコプリペイドカード

コストコは使えるクレジットカードが1種類しかない

コストコで使えるクレジットカードは2018年2月よりマスターカードだけに変更されたので注意が必要。VISAやJCB、AMEXは使えません。

会員カードとクレジットカードの名義が一致する必要あり

会員カードとクレジットカードの名前は一致している必要があります。会員本人と異なる、例えば友人や家族の方などのクレジットカードの利用はできません。

現金が足りない場合は店内にATMがあるので引き出しておくといいです。フードコートの近くにあります。
でも、ATMでは引き出し手数料が216円もかかるのでもったいないです。

STEP.5 カードリーダーにカードを通す

ICチップがあるカードとICチップがないカードで方法が異なります。

それぞれの方法でカードをカードリーダーに通すと、支払い完了です。

コストコでは買物袋はもらえません

もしもコストコ専用のクーラーバッグがほしい場合は、スタッフに声をかけるとレジの下から出してくれます。その場で購入することができますよ。

コストコにいる方のほとんどが、この保冷バッグを使っています。大小、2つサイズがセットになっていて、他社製の保冷バッグの値段と比較するとコスパは良いのでおすすめです。

【注意】レシートは捨てないで

レシートは店舗から出る際に出口にいるスタッフに見せる必要があります。

STEP.6 会計が終わったら邪魔にならない場所に移動

会計が終わったら邪魔にならない場所に移動しましょう。おおよそ、フードコートが目の前にあると思うので、多くの人はフードコート手前にカートを移動させていることが多いようです。

そこで、あらかじめ持ってきた買物袋に商品を詰めます。買物袋をカートにのせたまま車に向かいます。車に買物袋を載せ替えたら、カートを駐車場にあるカート置き場に戻します。

出口でレシートとカート内の商品数のチェック

店舗によっては出口でレシートとカートに乗っている商品の点数のチェックがある場合があります。その場合は買物袋には冷蔵品のみ入れておく方がいいかもしれませんね。

まとめ

長々と説明してきましたが、よくわからなくてもスタッフが親切に誘導してくれるので心配しなくても大丈夫ですよ。

コストコの初心者向け情報はこちら

この記事のカテゴリー:
Pocket

いいね、フォローで更新情報をお届けします