コストコで使えるクレジットカード紹介!節子流ポイント還元テクニック2020

1回の買物が高くなりがちなコストコで現金を使うのはめちゃめちゃ損。年会費の元を取るためにも、クレジットカード払いは必須です。

ポイントが貯まってコストコで使える便利なクレジットカードの紹介と、コストコ独自の支払いルールの解説をしていきます!

コストコでのお買い物ルールを知っておこう

買い物をするには会員証(年会費)が必要

実はコストコは会員制のお店!メンバー登録をすることではじめてコストコ商品を購入することができます。

会員は2種類、法人メンバーは個人事業主や飲食店経営者でもなることができます。

  ゴールドスターメンバー ビジネススターメンバー
 
年会費 4,400円(税別) 3,850円(税別)
区分

個人会員

法人会員

資格

18歳以上なら誰でもOK
主婦や学生、一般の方が対象

18歳以上の飲食店や会社経営、個人事業主の方が対象

店舗申し込みまたはインターネット申込みで簡単に登録可能です。

  • 【方法1】店舗で申込書を書いて、店舗で会員カードを受け取る
  • 【方法2】WEBサイトで申込後、店舗で会員カードを受け取る

コストコ会員はいつでも退会が可能で、年会費の全額返金制度もあります。深く考えずにとりあえずお試し入会してみるのもアリですよ!(ちなみに退会すると、1年間は再入会できません。)

年会費を払う価値はある?コストコメンバーのメリット

コストコに売っているものは、一流メーカー品、コストコオリジナル品を中心にどれも市販品より安く、コスパに優れています。

この低価格を実現できているのは、会員が支払う年会費のおかげ!まとめ買いするなら”年会費を払っても安いくらい”と言えます。

年会費4,400円の感じ方は人それぞれですが、1ヶ月にすると400円にも満たないです。元を取るのは想像以上に早く、さらに“楽しい”というオプション付き!

会員の特典として”満足できなかった商品を返品し、商品代金を全額返金してくれる制度”もあるので安心。

会員カード1枚で入れる人数は?

  • 2020年4月10日(金)より当面の間、会員カード1枚で家族1名まで同伴可能。最新情報を確認してください。

これまで会員カード1枚で大人2人を同伴で連れていくことができましたが、2020年4月10日からは会員の家族1名のみ同伴可能となりました。(18歳未満子供はOK)

通常時の会員カード1枚で入れる人数(タップで開閉)

  • コストコ会員カード1枚で、自分含め合計大人3人まで入場できる
    ※18歳未満は何人でもOK

コストコ会員の人が1人いれば、自分を含めた大人3人まで入店可能です!高校生・18歳未満の子供は何人でもOK。

ちなみにコストコ会員になると無料で家族カードが1枚作れますが、家族カードでも1枚につき大人3人まで入店できます。

OKパターン
  • 【OK】自分+友達
  • 【OK】自分+友達+子供
  • 【OK】自分+友達+友達
  • 【OK】自分+友達+友達+子供
NGパターン
  • 【NG】自分+友達+友達+友達
  • 【NG】自分+友達+友達+友達+子供

コストコのお会計ルール

コストコでのお支払いは、現金orクレジットカードなのですが対応しているクレジットカードが限定されています。

日本のコストコで使えるクレジットカードはマスターカードだけです!

  • VISAやJCB、AMEXのクレジットカードで支払いができません。

右下に「MasterCard」のマークがあれば使えます!それ以外のカードは使えません。

MasterCardのマークがないクレジットカードはコストコでは使えません。
コストコでマスターカードしか使えない理由(タップで開閉)

支払いに使えるクレジットカードを少なくすることで、本来カード払いに必要な決済手数料などのコストを削減しています。

そのおかげで消費者は、コストコの商品を安く購入することができているのです!

コストコではクレジットカード払いが圧倒的におすすめ

  • 現金払いではポイントが貯まらないので損します。

例えば1ヶ月にコストコで3万円使っていると1年間で36万円の出費ですが、1%還元のクレジットカードなら1年後に3,600円相当分のポイントが貯まっていることになります。現金払いの場合は何もプラスになりません。

食べ盛りのお子さんがいたり、グループでシェア買いしているなら3万円以上のお会計になることもありますよね。

そんな時、現金で払えば払うほど貯まるはずだったポイントを捨てることになるので非常にもったいないですよ~

コストコで使えるクレジットカード

私が愛用しているセゾンインターナショナル(マスターカード)です!

このカードは1951年創業の老舗カードメーカーのクレディセゾンの定番カードです。

特典の一覧
  • マスターカードを選ぶと、コストコでも使えてポイントが貯まる
  • カードの年会費は無料、ETCカードも無料
  • 紙の明細書の郵送が無料【重要】
  • 有効期限のない永久不滅ポイントが貯まる
  • 西友・LIVIN・SUNNYで第1土曜日&第3土曜日は5%OFFとポイントが同時に貯まる
  • 簡単な手順でAmazonでポイントを2倍還元にできるサービスがある
  • 家族カード・ETCカードが発行手数料無料・年会費無料で作れる
  • 即日発行対応

カードの維持費用が完全無料なので財布に優しい!

最近では利用明細の郵送費用が有料に変わっていく中、確実にお得になると多くの人や年代の方から評価を受けているカードです。

もちろん、コストコで使うとポイントが貯まりますよー!

年会費
無料
初心者に
オススメ
即日発行
スピード
発行
ポイント
無期限
ポイント
高還元
ステータス
マイルが
貯まる
国際ブランド
年会費 ETC年会費 発行スピード
初年度 2年目~
無料 無料 無料 最短即日
ポイント還元率 ポイント有効期限 ポイント名 限度額
0.5%~1% 無期限 永久不滅ポイント -

コストコ以外もお得にできます!

このカードがあれば、西友・LIVIN・SUNNYも割引されます!

  • 食料品、衣料品や家電用品が特定の優待日は5%OFFになる
  • 西友・LIVIN内にあるテナント(例えば無印など)も割引
  • さらにセゾンカードの永久不滅ポイントも同時に貯まります

ほかのクレジットカードにはない特徴として、全国に対面で相談や質問ができるセゾンカードの事務所があるのでクレジットカードがよくわからなくて不安という方におすすめです。

この他にも、提携クレジットカードであるコストコグローバルカードも、コストコで使うことができます。

年会費
無料
初心者に
オススメ
即日発行
スピード
発行
ポイント
無期限
ポイント
高還元
ステータス
マイルが
貯まる
国際ブランド
年会費 ETC年会費 発行スピード
初年度 2年目~
無料 1,250円(税抜) 無料 2週間~3週間
※年間1回の利用で無料になります。
ポイント還元率 ポイント有効期限 ポイント名 限度額
1%~1.5% 1年間 キャッシュバックリワード -

コストコでよく勧誘されるクレジットカードです!国内のコストコとガソリンスタンドで1.5%のポイント還元があります。

ただしデメリットが非常に多いので、よく理解してから申し込むのがおすすめです。

  1. 自動キャッシュバックのリワード(ポイント)は国内のコストコでしか使えない
  2. キャッシュバックされたリワード(ポイント)の有効期限は1年間。使い忘れると0%還元
  3. ポイントは毎年2月のタイミングでのみキャッシュバックされる
  4. 自分の好きなタイミングでポイントキャッシュバックできない
  5. コストコがない地域に引っ越すとポイントが使えず0%還元
  6. コストコ会員をやめるとポイントが使えず0%還元
  7. 年に1回利用しない場合、年会費が1,250円(税抜)必要
  8. 2020年10月から明細の郵送費用が1ヵ月110円かかる。1年間だと1,320円の損

特にコストコに行かなくなってしまった場合、年会費引き落としを止めないとコストコ年会費4,400円が自動的に引き落とされ続けてしまうので注意が必要です。

2020年6月現在、上記で紹介したようにマスターカード以外のクレジットカードはコストコでは使えません。また、以前はコストコで使うことができたアメックスブランドのクレジットカードも、2018年2月以降使えなくなっています。

しばらくコストコに行っていなかった方は確認してみてくださいね。

まとめると、コストコで使うカードを選ぶ時は、コストコ以外で使うときのことも考えて選ぶのが重要ということです。自分に合ったクレジットカードを見つけてみてくださいね!

コストコで使えるけど、罠がある要注意カード

ポイントが高還元と広告するカードは、ポイントの有効期限が短いことが多く、結局消えて0%還元になったり、明細の郵送が有料だったりして、最終的にマイナスになるので気をつけてください。世の中、そんなにうまい話はありません…
カード オススメできない理由
オリコカードザポイント―ポイントが失効しやすい

・2020年10月から紙の明細を郵送にすると毎月110円請求される。年間1,320円の損
・ポイントの有効期限が短く、12ヵ月
・珍しくカードの利用でポイント有効期限が延長されないタイプのカード。
ポイントが失効しやすいので、ポイント期限切れ&交換忘れで0%還元になってしまったという口コミが多い

VIASOカード―年間20万円未満の場合0%還元
紙の明細を郵送にすると毎月99円請求される。年間1,188円の損
・ポイントは1年ごとに自動集計されて還元率0.5%相当として自動キャッシュバック。ポイントの自動交換に制限があり、年間利用金額が20万円未満の場合は、一切キャッシュバックされず、ポイントがすべて失効して0%還元になってしまうシステムになっている
ETCカードの発行料金が1,100円かかる
イオンカード―明細郵送すると年間1,320円の損
紙の明細を郵送にすると毎月110円請求される。年間1,320円の損
・1,320円はコストコでイオンカードを264,000円分使った時に貯まるポイント相当。年間26万円以下の利用なら明細の郵送費用でマイナス、現金払いの方が得
・ポイントの有効期限は最短13ヵ月、気づかないうちにポイントが失効して0%還元になる。
・貯まるポイントは決済ごとに計算、都度切り捨てされてしまうデメリットがある。(例)200円決済=0.5%還元、399円決済=0.25%還元599円決済=0.3%還元
三井住友カード―年間53万円以下の利用だと損

紙の明細を郵送にすると毎月99円請求される。年間1,188円の損
年会費が有料、1,485円
・年会費と明細郵送費を合計した2,673円はコストコで三井住友カードを534,600円分使った時に貯まるポイント相当。年間53万円以下の利用なら年会費と明細の郵送費用でマイナス、現金払いの方が得
・ポイントの有効期限は24ヵ月、ポイントが失効すると0%還元になる。
・ETCカードは年間1度も利用しないと550円請求される。
モバイルSuica、年金のカード払いでポイントが貯まらない。

ライフカード―ポイントが失効しやすい
・カードの有効期限は5年と書かれているが、ポイント有効期限の延長申請を毎年する必要がある。延長申請を忘れるとポイントは消滅して0%還元
・初年度のポイント1.5倍は0.75%還元年間50万利用しないとポイントの還元率は0.5%に下がる
・入会キャンペーンの受け取り条件が厳しい。リボ払いに設定しないと満額受け取ることができない。
楽天カード―明細郵送費用、電話代と見えない費用が多い
紙の明細を郵送にすると毎月84円請求される。年間1,008円の損
ETCカードの年会費が550円
・2018年3月2日より楽天市場での利用で還元率が4%→3%にダウン
・通販のセールのメールがたくさんが来るようになり重要なメールが埋もれてしまう。
・キャンペーンで付与されるポイントは2週間程度で失効する期間限定ポイント。2週間程度で失効してしまうポイントを使うため不要な買物をしてしまうことも。
・トラブル時など問い合わせの電話をすると20秒毎に10円かかる。保留時間も含めて20分電話すると600円もかかります。
・有名なカードなので楽天カードを語ってIDとパスワードを盗もうとする迷惑メールが多い。楽天カードを持っていなければ嘘とわかるけれども、持っていると毎回不安になってしまい問い合わせをするなどして手間がかかる。
リクルートカード―リクルート関連のサービス限定でしかポイントが使えない
紙の明細を郵送にすると毎月99円請求される。年間1,188円の損
ポイントが使える場所がリクルート系のサービスしかない(じゃらん、ポンパレモールなど)。
・Pontaポイントにも交換にすることもできるが、WEB上で都度手続きする必要があり難しい。機械やインターネットが苦手な方にはおすすめできません。※Pontaポイントの有効期限は1年間
ETCカードの発行料金が1,100円かかる
特に明細の郵送が有料のカードは注意してくださいね!

コストコでクレジットカードを使うときの注意点

クレジットカード払いをする際は、自分で決済装置の操作をする必要があります。

スタッフが丁寧に教えてくれるので簡単です!

詳しい流れは次のページで紹介しています。

海外のコストコでも支払いできるクレジットカードが限られている!コロコロ変わるので注意

2016年にアメリカのコストコでAMEXカードしか使えなかったのが、VISAカードオンリーに変更されました。使えるクレジットカードがコロコロ変わります。

国ごとのコストコで使えるクレジットカードブランド
イギリスのコストコ AMEXカード
カナダのコストコ マスターカード
韓国のコストコ VISAカード
アメリカのコストコ VISAカード
日本のコストコ マスターカード

日本のコストコでも、将来的にまた使えるクレジットカードが変わる可能性があります。AMEXカードを使っていた方は解約せずに持っておくことをおすすめします。

クレジットカードは一度解約すると、再度申込みしても審査落ちになり作れないことが多いので、年会費が無料のカードは解約しない方が良いです。

一度解約すると審査落ちになりやすい理由(タップで開閉)

年会費無料のカードで消費者の負担は0円でも、クレジットカード会社にとっては、審査費用・プラスチックカードの印刷費用・オペレーターの案内費用などでたくさんのお金がかかります。

みんなが解約と申し込みを繰り返すと、クレジットカード会社が赤字になって潰れてしまうので、一度解約した人にはなかなかカードを発行できないのです。

2018年2月以降、コストコではAMEXカードが使えない

日本のコストコで使えるクレジットカードは、マスターカードだけになっています。

節子がおすすめしたいコストコで使えるクレジットカード

せっかく貯めたポイントが消えないおすすめのカードがあります!
コストコで実際にマスターカードを使ってきた取材レポートはこちら↓

過去に使えたクレジットカードの紹介

昔は、アメックスのマークが入っているクレジットカードのみ支払いで使うことができました。

過去~2018年1月31日まで
使えるクレジットカード アメリカンエキスプレスのカード
(提携カード含む)
コストコオリコマスターカード
使えないクレジットカード コストコマスターカード以外のマスターカード、VISA、JCB

2019年現在ではアメリカンエキスプレスのカードはコストコで使えません。

関連記事

いいね、フォローで更新情報をお届けします