コストコ生筋子をほぐしてイクラの醤油漬けを作る方法

コストコで秋鮭シーズンだけ登場する「生筋子」を使ったイクラの醤油漬けの作り方です!

※生筋子の膜は結構グロテスクなので苦手な方は閲覧注意してくださいね~!

まずは生筋子をほぐしてイクラにする

準備するもの

  • お湯…50℃くらいで多めに用意しておく(70℃以上のお湯を使えば同時にアニサキス対策ができます)
  • ボウル
  • ざる

アニサキス対策は目視で行っていきます。安心できない方や不安な方は、加熱処理/冷凍処理をすると良いでしょう。

お湯を70℃以上にして工程を行えば、同時にアニサキス対策もできるのでおすすめです。

【1】生筋子を水洗い

目視で寄生虫がいないかなどをしっかり確認します。

【2】お湯に塩を入れて混ぜ筋子を浸す

塩の目安は2リットルで小さじ山盛りくらいです。また、お湯が熱いと感じたら40℃くらいでも大丈夫です。

温度が低い方が作業がしやすく、魚卵の旨味が逃げにくい利点があります。

【3】筋子の膜を剥がしていく

お湯につける→膜を剥がす→お湯につける、を何度か繰り返しながら、血合いや薄皮を取っていきます。

この作業をしっかりと行うと食感と見た目が良くなります!※ただし、無限に薄皮がでてくるので目安は3~4回くらいでOKです。

目視で確認したかったので、あえて網は使わずに手作業で膜を向きました。一番美味しく食べるためには仕方ないですね(´へ`)

【4】水を切ったらイクラの完成

ザルにあげて水をきったらイクラの完成です。

キラキラしてきれいに仕上がりました~!ここから醤油漬けを作ります。

イクラの醤油漬けの作り方

無事にイクラになったところで、ここからは醤油漬けの工程です。

【1】イクラを付属の醤油ダレに漬ける

適当な容器にイクラを入れた後、タレを入れます。冷蔵庫で30分くらい置きます。

すでにめっちゃ美味しそうだが…!?

ちなみにタレは付属のタレを使いましたが少し薄味めなのと量が少ないです。自宅でで作る場合はこちらを参考にしてみてくださいね。

  1. 醤油・みりん・お酒を同量まぜる
  2. レンジで加熱してアルコールを飛ばす
  3. 冷ます

【2】タレを切って完成!

しっかりとタレ切りしたら完成ですー!冷蔵庫から出したら綺麗☆宝石みたいになりました!

もちろん白米にかけていただきます!味も食感もとっても美味しかったです。

こりゃあ毎年楽しみにしてる人がいるのも納得です。

イクラの醤油漬けを冷凍保存する方法

  1. 生筋子の下処理をし、イクラにする
  2. 醤油漬けに加工する
  3. ジップロックに入れて冷凍

購入後の下処理後に冷凍されすれば、1ヶ月ほど楽しめます!

詳細な冷凍方法&解凍方法、保存期間については別ページにまとめました。

関連記事一覧

いいね、フォローで更新情報をお届けします