【コストコ節子流】プレスンシール保存ラップの使い方と解凍のやり方を解説

使い勝手の良さで話題のコストコ「グラッド プレスシール」フード保存ラップの詳しい使い方を紹介していきます。

グラッド プレスシール フード保存ラップの使い方

【1】普通のラップと同じように箱を開ける

力まかせに開けてしまうと箱が壊れる恐れがあるのでゆっくり丁寧に!プラスチックの歯が出てきます。

中には幅30cm×長さ43.4mのシールが入っています。

ラップのようにツルツルではなく、デコボコした凹凸のついたシールです。

内側の面にのみシール機能がついているので、こちらの面を中面として使います。

市販のラップはラップ同士でくっつくと剥がれにくくなり苦労しますが、GRAD PRESSN SEALは一度くっついたものを剥がすのが非常に簡単ですよ。

これで気密性が高いなんて信じられない!と思っちゃいますよね。

【2】貼り付けたい容器・物のサイズに応じてシールをカット

コツは箱をしっかりもつこと

シールを取り出して、ラップのように下に引っ張ると、まずうまくカットできません。写真のようにぐちゃぐちゃになります。

うまくカットするコツは、箱をしっかり持つこと。

箱を持っている方の親指で開口部分の口を押さえながら、反対側の手でシールを上に向かってカット用の歯に当てるように、ゆっくりとカットしていきます。

そして粘着面を表にして机に置きます。

【2】食材にかぶせて折りたたむ

こんな感じ。

【3】空気を抜くようにシール同士を貼る

食材を中心に空気を抜くように外側に向かって押していくのがコツ。

もちろんうまく貼れなくても、もう一度開いてやり直すこともできるので安心👌

【4】いらない部分をカットして冷凍

なるべく空気を抜いたら、いらない周囲をハサミでカットして冷凍しましょう。

うまく保存するポイントは、気前よくシートを大きめに出すこと!小さくカットすると密閉できなくなってしまいます。

小さな食材の保存方法

小さな食材を保存するときに使えるテクニックとして今回はエビを小分けにして保存します。

または、1度に利用する量ごとにまとめるという方法もおすすめです。

【1】シールを大きめのサイズにカット

【2】その上に、少量のエビを区切りながら置く

【3】食材の保存方法同様、半分に折り空気を抜いて密封

【4】小分けにするためにハサミでカット

完全に密着しているので、ハサミで切り分けても大丈夫です。

容器やお皿などに使うときの保存方法

【1】容器にシールをかぶせる

【2】容器の表面の接着面をしっかりと指で押さえる

【3】余ったシールを側面にくっつける

なるべく密着させるようにくっつけましょう。

【4】これでプレス完成です!

ポイントは、シールをかけるときは容器の表面や側面に水や油がついていると、密着性が薄れてしまうので余分な油分や水分はぬぐっておきましょう。

この通り!

解凍や加熱はできる?

冷凍庫で保存した食材を解凍したいとき

  1. シールを少しはがして空気を入れる
  2. 耐熱皿にのせて電子レンジで解凍

時間があるときはバットなどに水を張り、そのままドボンと入れて1〜2時間ほど放置でもOK

この方法の方が元の状態に近い解凍ができます。

加熱したいときは

  1. シールを少しはがして空気を入れる
  2. 耐熱皿にのせて電子レンジで解凍
  3. 電子レンジで加熱orフライパンなどでの調理

まとめ

グラッドのフード保存ラップはコストコで購入した大量の食材を、鮮度を落とさず長持ちさせてくれるからとってありがたい!

ペンでシールに記入もできちゃうから日付を入れて保存するのもおすすめ!

コツさえつかめば綺麗に切れるし、使いやすい!慣れれば、どんどん使い方が広がります。

バターの保存方法

Amazon.co.jpで購入する

関連記事

いいね、フォローで更新情報をお届けします