オキシクリーンの詰め替え用の容器のおすすめランキングTOP5

毎日頻繁に使うオキシクリーン。

買ったままのダンボールの箱のままでもいいのですが、ダンボールが湿気を含んでしまったり、毎日箱を移動させてしているうちにボロボロになってきてしまいます。

頑丈なプラスチックの容器に入れれば整理整頓が簡単に。さらに湿気からオキシクリーンを守れます

オキシクリーンライフをより満喫するために、いろんな容器を買って試してみました。参考にしてください。

5位:安い!キャンドゥの100円均一のパンケース 2kg

1,500gの日本製オキシクリーンを入れるには最適です。5kgのアメリカ版は入りきりません。下手すると3箱必要になってしまいます。

台所用と洗面所用で、分ける用途としては十分かもしれません。

なんといっても100円なのがメリット!

100円ショップ次第ではフタが立つタイプのケースを売っているところもあるそうです。近所の100円ショップをのぞいてみてくださいね。

4位:頑丈!パール金属 米びつ 3kg H-5541

商品詳細
  • Amazon: 529円(税込)
  • サイズ(約):幅185×奥行260×高さ130mm
  • 本体重量(約):280g
  • 材質:ポリプロピレン(耐熱温度120度、耐冷温度-20度)
  • 原産国:日本
  • 計量カップ容量:200ml

100均のケースと比較すると頑丈

100均のケースはペコペコしていて、いつか割れてしまいそうです。

本来の用途は米びつなので頑丈なこの商品はオキシクリーンを入れる容器として最適です。

サイズは幅185×奥行260×高さ130mmで、そこそこコンパクトです。

フタが立つのポイント。わざわざふたを外して、横に置く手間がありません。

3位:取っ手が便利!スケーター 冷蔵庫用 米びつ 横型 2.5キロ

商品詳細
  • Amazon: 709円(税込)
  • サイズ:幅28×奥行14.5×高さ10.5cm
  • 本体重量:0.46kg
  • 素材・材質:本体・フタ・ボタン=ポリプロピレン コロ=ABS樹脂
  • 原産国:日本
  • 容量:2.7L
  • 付属品:計量カップ
  • 温度:耐熱=80度 耐冷=-20度

メリットは高さが低さ!狭い空間で活躍

バネの力で、ワンタッチでフタが開くのも特徴の一つです。

取っ手があるので狭い空間で引き出しやすく、便利です。

先端にはキャスターもついているので、案外重いオキシクリーンを楽々移動できます。

冷蔵庫用 米びつ 横型 日本製 2.5キロ

冷蔵庫用 米びつ 横型 日本製 2.5キロ

価格¥ 902 参考価格¥ 1,512

OFF:¥ 610 (40%)

Amazonで見てみる

2位:大容量!パール金属 米びつ 5kg H-5542

商品詳細
  • Amazon: 645円(税込)
  • メーカー型番:H-5542
  • サイズ:(約)幅215×奥行300×高さ200mm
  • 重量:(約)390g
  • 容量:ストッカー/(約)7.3L、計量カップ/(約)180ml
  • 材質:ポリプロピレン(耐熱温度120度、耐冷温度-20度)
  • 原産国:日本

4位で紹介したパール金属の米びつの5kgバージョンです

サイズが幅215×奥行300×高さ200mmとなり、設置場所に大きな空間が必要ですが、コストコで買えるアメリカ版オキシクリーン5kgを全部入れることができます。

5kgとなるとそこそこ重く動かしにくいのですが、車輪つきなので力も必要なく楽々動かせます。

コストコのオキシクリーン5kgを入れたところ。まだ余裕があるので7kg分くらいまで入れることができそうです。

もちろんフタも立ちます。わざわざふたを外して、横に置いてからオキシクリーンを取りだす手間なしです。

1位:縦型でおしゃれに!アスベル 密閉米びつ2kg ホワイト 7509

商品詳細
  • Amazon: 838円(税込)
  • サイズ:約16.7×11×29.3cm
  • 本体重量:約250g
  • 材質:本体・フタ・軽量カップ/PP、パッキン/シリコーンゴム
  • 原産国:中国
  • 容量:2L
  • 付属品:目盛り付軽量カップ

オキシクリーンをノズルから注ぐという解決方法

ノズルの先端に計量カップがフタとしてくっついています。画期的です。

計量カップを回して外し、外した計量カップにオキシクリーンを注ぐだけ。手に粉がつかない!

フタをあけるには両サイドにあるロックを外します。

このロックが頑丈なので傾けても、フタごと外れてガバっとオキシクリーンをまき散らすこともありません。

実は無印にも同じ形の容器があるのですが、このロックの部分がありません。

パッキンもあるので粒子状の細かい粉も漏れ出しません。すごすぎる…

しかし、オキシクリーンは密閉容器にいれると爆発します。そこで上の計量カップ部分のパッキンを外します。

引っ張ると簡単に外れます。

パッキンが無くなれば、隙間ができるので爆発しません!これで完璧です!

計量カップの目安を知ろう「ライン1(30g)」

オキシクリーンを使うときは、通常の青い計量スプーンは使わなくなります。

この米びつの計量カップの場合、よく使う通常の青い計量スプーンのライン1(30g)はどのあたりになるのでしょうか?

ライン1(30g)を計量カップに入れてみました。

これくらいが30gです!要チェック!

多少適当でも大丈夫です。

計量カップの目安を知ろう「ライン4(125g)」

洗濯槽を掃除したい場合はライン4×4杯(500g)、バスタブの場合はライン4×5杯(600g)のオキシクリーンを投入したりします。

この米びつの計量カップの場合、よく使う通常の青い計量スプーンのライン4(125g)はどのあたりになるのでしょうか?

ライン4(125g)を計量カップに入れてみました。

110ml部分が通常の計量スプーン1杯分のようです!

なお、洗濯の漂白剤として投入する時は1/2杯が目安なので、55mlの部分までオキシクリーンを注いでくださいね。

まとめ

縦にスペースがある場合は「1位のアスベル 密閉米びつ2kg ホワイト 7509」がオススメです。

しかし、コストコの5kgのオキシクリーンは入りきらないので、アスベルの米びつを2つ使うか、他の米びつと併用して分割保存がおすすめです。

オキシクリーンに関する記事

オキシクリーンがはじめての方向け

オキシクリーンの効果アップ術

注意点

いいね、フォローで更新情報をお届けします