×

コストコのラップ2種類を実際に使ってみて感じた違いや使い方を解説

コストコのラップと言えば”フードラップ”と”プレスンシール”の2つ!リピーターが多い人気商品です!

一度使うと手放せない便利なラップですが、量が多いのでまだ買った事ない…という方も多いかもしれません。

  • どっちがおすすめ?
  • お得な方は?
  • どこで買える?
  • 何が便利なの?

そんな疑問にお答えすべく、コストコ歴14年の節子が、2つのラップの違いや使い方、おすすめの利用シーンを紹介します!

2つのラップの違い

ざっと結論だけまとめるとこんな感じです。

名前 フードラップ プレスンシール
写真
価格 税込2,087円 税込1,668円
長さ 914m×40cm 43.4m×3本
原材料 ポリ塩化ビニル ポリエチレン
耐熱温度 82℃ 100℃
耐冷温度 -51℃ -23℃
おすすめ
利用シーン
料理の下準備
残り物の保存
臭い封じ
汚れ防止
食材の冷凍保存
長期保存
液漏れ防止

フードラップは、コスパが良くガンガン使える点、密着性が高い&スライド式のカッターで調理中のストレスを軽減してくれる点が高ポイント。

プレスンシールは、気密性が高く、食材を長く新鮮に保つことができる点が他のラップにはない特徴なので重宝します。

それぞれの良さがあるので、用途にあわせて購入してください♪節子はどちらも愛用しています。

注意!電子レンジで使うと溶ける

優秀なコストコのラップですが、一点だけ注意したいことが…それは”耐熱温度”です。

一般的なラップと比べて耐熱温度が低く、電子レンジで使うと溶けてしまう可能性があります。

ラップの名前 耐熱温度
フードラップ 82℃
プレスンシール 100℃
サランラップ 140℃
クレラップ 140℃

必ずラップを外してから加熱するように注意してください!

フードラップってどんな商品?

特徴
  • 大容量(914m×40cm)でコスパ◎
  • 伸びがよく、貼り付きがよい
  • 金属やトレーにも使える
  • スライドしてカットするのでラップがぐちゃぐちゃにならない

フードラップの特徴はとにかく長いこと!全長914m×40cmという前代未聞の長さです(;°□°)

スーパーでもよく見るこちらのサランラップは50mなので、いかに長いかがわかります…

節子のおすすめポイントは、スライド式のカッターが付いているためラップを切る時にぐちゃぐちゃにならない点。

こういうキッチンによくある”小さなストレス”が解消されるのは嬉しいです。

とにかくよくお皿に引っ付いてくれるのが良いですね!ピタッ!としているので、密着性が高いのもお気に入り。

フードラップのおすすめ利用シーン

  • 残り物の保存
  • 料理の下準備
  • 臭いが気になるものを包む
  • 汚れ防止

特に容器に入った食材を密封するのに向いています。

臭いが気になるものを包むのにおすすめです。赤ちゃんのおむつや納豆のパックなど、このラップで巻いてからゴミ箱に入れるだけでだいぶ違います。

また、使っていない食器などに巻いてホコリや汚れから守る用途で使ってもOK

大容量でかなり安いので気にせずガンガン使えるのもポイントです!

プレスンシールってどんな商品?

特徴
  • 粘着力があるシールのようなラップ
  • 高い気密性
  • 液体もこぼれない密封力

日本で買える普通のラップとはまったく別物で、シールのような粘着性を持った特別なラップです。一度使うとその便利さに手放せなくなること間違いなし!

ラップ自体はつぶつぶしていて、触ってみると少しペタッとした粘着性があります。プレスンシールを2枚重ねることでこのつぶつぶ同士がくっつき、密封されます。

包んだ食材はほとんど空気に触れなくなるため、鮮度・美味しさが保たれる仕組みになっています。

詳しい使い方はこちらで解説しています↓

プレスンシールのおすすめ利用シーン

  • 食材の冷凍保存
  • 長期保存
  • 液漏れ防止

やっぱり食材を冷凍保存する時に使いたい!特にコストコに行く方は冷凍庫をフル活用していると思うのですが、プレスンシールがあるとかなり便利になりますよ。

コップに貼り付けるとこの通り!一切液体が漏れません。

お肉やお魚から出る汁さえこぼれないので、新鮮に保存したい!という時はプレスンシールがおすすめです。

逆に、価格は安くないので気軽に使えないのが難点。臭い封じや汚れ防止に使うならフードラップの方がガンガン使えます。

コストコのラップは通販でも購入できる

どちらの商品も店頭で購入できますが、人気商品のため在庫は不安定です。せっかくコストコに行ったけど売り切れてて買えなかった…という方も多いハズ。

コストコのラップはオンラインショップで取り扱いがあるため、どうしても欲しい!という方は通販での購入もおすすめです。

フードラップの商品ページ|コストコ公式

グラッドプレスンシールの商品ページ|コストコ公式

送料分が上乗せされるため、店頭で買うより少し割高ですが、それでもコスパの良い商品には変わりありません!

コストコ節子のTwitterではオンラインショップの在庫が復活した時にツイートしています。ぜひフォローして最新情報をチェックしてみてください~!

ぜひフォローをお願いします♪(*‘∀‘)

クリックするとコストコ節子のSNSに飛べます
Googleニュース Twitter instagram Facebook
スポンサードリンク
いいね、フォローで更新情報をお届けします