【コストコ】パンの冷凍方法と解凍の写真付き手順まとめ

大定番の人気商品「ディナーロール」をはじめ、食感や仕上がりが違う次の4種類のパンの冷凍方法と解凍方法を解説していきます。

パン冷凍の基本知識

パンの常温保存は油断するとカビが大発生します。

冷蔵保存はカビの発生スピードは遅くなりますが、パンが乾燥して固くパサパサになってしまうのでパンを保存する場合は冷凍保存が必須なのです!

パンは焼き立てが一番美味しく、その後は時間経過とともに風味など美味しさはどんどん低下していきます。

なので、とにかく早く最大の美味しさの状態の時に冷凍することがポイントです。

そして冷凍保存と一口に言ってもただラップに包んで冷凍庫に入れればOKというわけではありません。

冷凍焼け対策をして美味しさをキープすることも非常に重要なポイントです。

パンの冷凍手順

  1. パンをスライス
  2. ラップで包む
  3. 保存袋に入れる
  4. 冷凍

【1】パンをスライス

食べる時のサイズにスライスしましょう。クロワッサンのように小さいパンはそのままでOKです。

  • ディナーロール:そのまま
  • クロワッサン:そのまま
  • ベーグル:そのまま(又は半分にスライス)
  • フランスパン:食べやすい大きさにスライス(今回は大き目もチャレンジ)

の大きさにカットしました!

【2】ラップで包む

パンの表面がラップからはみ出ることがないよう丁寧に包みます。

おいしさをキープするためにラップを2重にすると効果的です!

【3】保存袋に入れる

ラップで包んだパンを、なるべく密封度の高い袋に適度な量で入れます。

パンがぺしゃんこにならない程度に空気をできるだけ抜きます。

冷凍焼けはパンだけに起きる現象ではありませんが、パンは冷凍庫内の臭いを吸収しやすいため密封度の高い袋に入れるとにおい対策になります。

ここまでできたら冷凍庫に入れましょう!

【4】なるべく早く冷凍する

冷凍する際は、なるべく急速冷凍することが冷凍焼けを防ぐコツにもなるので、

  • 冷凍庫の急速冷凍機能を使う
  • 金属バット(金属の鉄板)の上に乗せる
  • 凍るまで重ねない

など工夫をするとさらに高速で凍ります。

冷凍後の賞味期限

1か月程度です。

パンの解凍方法

パンの解凍方法はパンの種類に寄って最適な解凍方法が違うので、よりこだわって食べたい方は実践してみてくださいね。

ここではコストコのパンを4種類に分けて解凍方法をご紹介してます!

  1. ディナーロール系…ふかふかにして食べるパン
  2. 食パン系…外側さっくり内ふっくらパン
  3. クロワッサン系…外側をパリパリにして食べるパン
  4. ベーグル系…もちもちっとした食感を楽しむパン
  5. バケット系…ハードタイプのパン

解凍の準備

解凍する場合は以下のポイントを確認してください。

  • 室温に1時間~2時間程度おいて自然解凍
  • 食べる前日の夜に冷蔵庫に移して、冷蔵庫内で解凍
  • 急ぎの方は電子レンジでもOK。レンジのパワーにより異なりますが10秒~20秒ほどチンしてみてください。

時間がない場合は電子レンジで焼く前に軽くチンするだけでOKです。

①ディナーロールの解凍

  1. 解凍の準備
  2. 霧吹きで表面に少し水を吹き付けてからトーストする
  3. 余熱で1~2分放置してください。ふわっとした仕上がりになります。

霧吹きがない場合は、濡らしたキッチンペーパーでパンを濡らすだけでもOKです!

パンの表面がパリッとした方がお好みの方はアルミホイルをはずして少しトーストしてみてくださいね!

この解凍方法がおすすめのパン(タップで開閉)

②食パンの解凍

  1. 解凍の準備
  2. 霧吹きで表面に少し水を吹き付けてからトーストする

※薄めにスライスされた食パンの場合は余熱したトースターで短めに焼く
※厚めにスライスされた食パンの場合は焦げ付きやすいので、表面をアルミホイルで覆ってトースト

この解凍方法がおすすめのパン(タップで開閉)

③クロワッサンの解凍

  1. 解凍の準備
  2. 油分糖分で焦げやすいのでアルミホイルで包む
  3. 1~2分程度ほど温める
  4. その後、アルミホイルをはずして少しだけ焼くと表面がパリっとします。
この解凍方法がおすすめのパン(タップで開閉)

④ベーグルの解凍

  1. 解凍の準備
  2. 霧吹きで表面に少し水を吹き付ける
  3. 焦げやすいのでホイルに包み、トースト
  4. さらに余熱で1分程度放置すれば全体的にふわっと、そしてモチモチに仕上がります

パンの表面がパリッとした方がお好みの方はアルミホイルをはずして少しトーストしてみてくださいね!

この解凍方法がおすすめのパン(タップで開閉)

⑤ハードパンの解凍方法

  1. 解凍の準備
  2. 霧吹きで表面に少し水を吹き付ける
  3. 高温で焼き上げて表面のパリッと感を楽しんでみてください。
  4. さらに余熱で1分程度放置すれば外がパリッ中が、モチモチに仕上がります。

パンの皮の焼き戻りをパリッパリにしたい方は直接流水にさっと潜らせるのもオススメ!高温で焼き上げて表面のパリッと感を楽しんでみてください!

この解凍方法がおすすめのパン(タップで開閉)

まとめ

冷凍前の一手間と焼き方で次第で、購入から日が経ってからも美味しく食べることができると改めて思いました。

今回はいろいろなカットや保存方法、焼き方をしましたが気がついたことがいくつかあるのでまとめてみました。

  • ラップはダブルがおすすめ!空気に触れさせないため効果がありました。いつも冷凍するとパンが乾燥しすぎている気がする際に試してみてください。
  • 冷凍時の大きさ(スライス)はかなり重要。ベーグルは半分程度にカット、フランスパンも厚さ2cm位が丁度いいと思います。
  • 焼き戻しはかなりやわらかになるので、クロワッサンやディナーロールは、冷凍前または解凍前に切り込みを入れておくとサンドウィッチ用にも使えて便利
  • 「霧吹き⇒アルミホイル包み焼き⇒軽くトースト」の手順が一番おいしいと思いました

まとめると冷凍庫に入れる前にしっかり密封して、解凍時は焼きすぎに注意です!

関連記事

いいね、フォローで更新情報をお届けします