コストコの会員にならずに年会費無料で買い物する方法

コストコは会員制なので、買い物するためには年会費を支払って会員になる必要があります。

「年会費払うのはもったいない…」「そんなに使うかわからない」そんな風に思ってる方も多いのではないでしょうか…そんな方のために、会員にならずにコストコ体験できる方法をご紹介します!

会員の友達や知り合いがいればできる2つの方法

【1】コストコ会員と同伴で入店する

コストコ会員と同伴なら、非会員でも入店ができちゃいます。

コストコ会員証は、1枚で大人2名まで同伴OK!(自分を含め3人まで)

そして18歳未満の子供には人数制限がありません。

会員証1枚で入れる人数例
  • 【OK】会員1人+大人2人+18歳未満の子供たくさん
  • 【OK】会員1人+大人2人
  • 【OK】会員1人+大人1人
  • 【NG】会員1人+大人3人
メリット デメリット
・購入する商品をシェアしやすい
・会員価格で購入できる
・コストコ情報を聞きながら商品選定ができる
・同伴者は会計ができない(会員カードをもっている人のみが決済可能)
・大人数すぎると動きにくい

会計で支払いができるのは会員のみのため、レシートが1本になります。

会員か非会員かで誰がお金を多く払うとか、誰が車を運転するとか、ネット上でよく見かけるトラブルもあるので”仲が良いことが前提”となります。

家族とか親族とかで会員の方がいる方はお願いしてみてもいいかもですね。

【2】コストコの商品券・プリペイドカードでお試し入店する

コストコで購入できる商品券やプリペイドカードをもってコストコに行くと、お試し入店&購入ができます。

コストコで購入できる商品券やプリペイドカードは店内販売のため、会員の方に事前購入してもらうことが条件になります。

プリぺイドカードはチャージ式のカードで5,000円~販売、会計時はもちろん,、ガソリンスタンドでも利用が可能です!

メリット デメリット
自分の都合で行ける
・コストコのガソリンスタンドにも使える
入店前にサービスカウンターで手続が必要
・会計の際5%上乗せ価格で購入
・1日特別ご招待機能は1回のみ利用可能

※過去に商品券やご招待券を利用した事がある人(手続の際登録した住所の人)は使えません。

1枚で大人3名(1名が登録者・2名が同伴者)まで入店可能です。また、上乗せ価格5%分は当日会員になれば返金されれます。

お試し入店する際には、身分証明書が必要なので忘れず持参を!

2019年6月最新情報コストコでプリペイドカードの販売が終了

今後、プリペイドカードは最終的にサービスがなくなります。それに付随し、プリペイドカードによる非会員でも買い物できるサービスが消える可能性があります。

身近にコストコ会員がいなくても買い物できる方法

自分の気持ちのおもむくままに気軽に試せる誰でもOKな方法を紹介します。

【1】ムック本についている1日招待券を利用する

コストコの雑誌の特典として「コストコ1日特別ご招待券」がついている号があります。ただし、現在は期限が切れていて使うことができません。

最近発売されている号では1日招待券がついていません。

ムック本に招待券がつかなくなったのは、言わずもがなメルカリやヤフオクなどでの転売のせいですね

ちなみに、転売された1日招待券は使えないので購入しないほうがいいです。

ただし!本としてはかなり有用な情報なので購入するのはおすすめです~!

メリット デメリット
コストコ情報を得てから来店できる
・自分の都合で行ける

チケットの有効期限がある
入店前にサービスカウンターで手続が必要
・会計の際5%上乗せ価格で購入
・1日招待券は1回のみ利用可能

※過去に商品券やご招待券を利用した事がある人(手続の際登録した住所の人)は使えません。有効期限を除きコストコ・プリぺードカードのルールは同じです。

ちなみに節子もムック本の執筆をお手伝いした号があります!

【方法2】コストコ会員になって当日解約退会する

コストコが遠いから滅多に行かない、1年に1回だけしか行かない、試しに1回だけ使ってみたい、という方の最終手段になります。

メリット デメリット
自分の都合で行ける
・会員価格で購入できる
・入店前に入会手続き・年会費が必要(個人;4,400円・法人;3,800円)
・当日退会が可能

当日退会した場合、退会後1年以内の再入会ができない
・最悪の場合、出入禁止になる(ブラックリスト)

自分が会員になれるので、コストコをフルで楽しめます!

当日退会した場合も年会費が全額戻ってくるので、じっくり吟味してから判断しても大丈夫!

会員は1年間有効ですが、どのタイミングで退会しても年会費は全額返金なので、解約は気持ちが決まってからでも遅くないです。

この方法はネットで広く紹介されていますが、制度を悪用して1年以内に退会を繰り返す人が少なからずいるため、個人的にはあまりオススメしたくありません。

本当にお試しをしてみて、買い物をしてみてよく考えて、やっぱり合わないし使わないなーと思った人が利用する制度だと思います。

コストコで還元を受けられるクレジットカードで年会費を取り戻す方法もある

現金払いだと何ももらえず終わりですが、コストコで還元を受けられるクレジットカードを利用するといくらか商品券として戻ってきます!

コストコでは利用金額が1回3万円以上になることは普通です。使う金額に寄ってはコストコの年会費分が余裕で返ってきます!

なので、コストコ会員になっても基本的には損しません。

注意点

コストコ会員は世帯(住所)管理なので、1枚の無料招待券で体験できるのは基本的にその家族で1回までです。

無料招待券を使いながらコストコをじっくり体験するもよし、1度会員になってみて1年間使ってみるのもよし。

招待券や一日無料体験を使うと、会計金額に5%上乗せされてしまうため、コストコの良さである「安さ」があまり実感できないかもしれません。

実は、コストコの大きな魅力の一つ「安さ」は、会員が払う年会費のおかげで成り立っているんです。

コストコの年会費(4,400円)はお得?元を取るおすすめの方法

年会費の元は取れるのか?そんな疑問は、結構あるかもしれません。なので、今回はコストコの年会費についてちょっと考えてみました。

更新

ページを見る

とりあえず、コストコの会員になってみる方はこちら

コストコの会員になる方法!会員カード1枚で入れる人数と年会費について解説

会員になる際の注意点や、個人会員と法人会員の違いをまとめたページです。

更新

ページを見る

コストコのビジネスメンバー法人会員のなり方のまとめ

法人会員になれる対象の方や必要な物をまとめました。法人会員のメリットや年会費の差額についても詳しく解説しています。

更新

ページを見る

いいね、フォローで更新情報をお届けします